2016/1/9

影響を受ける先  
 ずいぶん昔の話だけど不肖、シャーロック・ホームズのファンクラブに入っていました。
 そこで知り合った小説書きのニイちゃんが、まさに正しい昔ながらのおたくで本マニアでついでに特撮ファンでした。

 私は小さい頃、普通にウルトラマンや仮面ライダーのシリーズが好きで、その他の特撮番組も(今ほどがっつり放送されてはいなかったけど)楽しみに見ていました。でもある時期からすっぱり見なくなってしまったのYO。
 そのきっかけがスペクトルマンって番組だったんだけど、とにかく敵役の怪獣がグロテスクで猛烈に画面が汚かったのね。
 後になって、あれは一体なんでなんだろうかと思って、そのニイちゃんに伺ったわけです。

 ニイちゃんの回答はとても明快で、それはスペクトルマンが製作される少し前から、日本の各地で公害問題が深刻化してきたから、とのこと。
 はっきりした意図が無かったとしても、TV映像で流される汚染された環境の絵ズラが、当時のクリエイターに影響を及ぼしたんだろうなって。
 それを思えば、単に画面が汚いとか言ってみるのをやめてしまった私は、半端なお子ちゃま野郎でした(いやほんとにお子ちゃまだったけど)。

 翻って今は世間の不安感がものすごく大きくなっていると思うし、軽々しく正義を標榜することもできないから、今の物語を作る人にどんな影響を及ぼしているかなあとなんか思ってしまった。
 今は映像もいろんなところから得られるから、昔のように直裁ではないと思うけど。
 
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ