2016/9/12

モデム取替え  
 最近パソコンの調子が悪くて、ネットつなげるとすぐ凍ったり画像が出てこなかったりしていたんだけど、ちびちびがワイファイも繋がらない〜と嘆いていたので、こりゃモデムかなんかの不具合かも。とプロバイダさんに相談しました。
 本日、新しいモデムに付け替えて確認してもらったので、無事動くようになりました。週末はネットにまったく繋がらなかったので、ちょっとどきどきしていたのだ。直ってよかったな!
 しかしネット環境がなくなると、ちびちびが動画音楽ネットにべったり張り付く事がなくなったので、それはそれでよかったんだけどねえ。

 先週から、年末に向けての原稿を始めました。とりあえず友達のとこのZABADAK本。
 久しぶりに短い話だから、意識してキャラを濃ゆくしてみたYO!
 濃いといっても私の絵じゃこの程度だけど、自分では頑張ったんだい。

クリックすると元のサイズで表示します

 大体アニメキャラとか見ていても、私なんかの世代は「なんなのその前髪うっとおしいわねおばちゃんがオンザマユゲにしてあげるからそこ座んなさい!」とかバリカン持って追っかけちゃう方だから、絵で描くときも「邪魔そうだなあ…」と思ってしまうのね。
 萌えもくそもないね。
 という訳で意識してバリカン前な感じの絵です。照れが捨て切れなかったら指さして笑ってくれ…。

そんなことをしている間に今日の鳥さん!

クリックすると元のサイズで表示します

 先週やけにケンカがやまないと思ったら、こんな事になっていたの〜〜。最近もぐっていなかったから、うっかり安心していたYO!
 今週からは気をつけよう…。
1

2016/9/9

線引き  
 私は基本うっかりしているのとお調子もんなので、声をかけられると大体ほいほい乗ってしまう方です。
 友人の中にはやばめな空気を読むのに長けている人もいて、波長があわなかったりぺったりくっついて来る人から早めに距離をとる名人だったりします。私にはそういうのがさっぱり判らないのですが、せめてこりゃダメなタイプだ!と気がついたら速攻で逃げるように心がけています。

 むかしむかし、まだ同人サークルにいた頃のこと。
 他地方在住の友達から、私の参加しているサークルの会誌を購入したいんだけど、初売りイベントには行けないので、すまないが買ってきてもらえないか?と頼まれました。

 その人はサークルの会長さんとも懇意にしていたので、これは直に会長に頼んだら?と聞いたんだけど、実は前回の会誌の時、頼んだにも関わらず取り置きを忘れられてしまったんだ、とのこと。
 それはうちの番長が失礼をば、と詫びて引き受けたのね。
 イベント当日会長さんにその旨を話してお金を立て替えて会誌を1冊購入して、帰宅後その友達に郵送。

 とここまではよかったんだけど、なぜか数日後その人から激怒の電話が。
 なんでも会長さんが「そういえば前回頼まれたのを忘れていたな」と思い出して、そのお詫びに今回は無料で送ってあげるね、と私が発送したのと同じ日にもう1冊会誌が届いたらしい。
 また気まぐれなことを〜〜〜。とうんざりしている私は電話口で数分間、罵倒を聞き続け(本代と送料で○円になったので今度よろしくねと手紙を添えたことに対して)そんなに金が欲しいなら払ってやるけど二度とあんたから連絡をよこさないでとかそんな話でした。
 欲しいも糞も依頼された買い物の代金とその送料だよ、会長さんの気まぐれまで知らないよ!腹たつなー。
 で、更に数日後、その人から本代と送料をなぜかわざわざ現金書留で送られてきて、やっぱりついてた手紙が電話と同じテンションの罵倒。
 も〜〜めんどくさい奴め!と思ったから、「買い物を頼まれてお金を払って購入して依頼どおり発送する間に、そちらの都合が変わったからといって怒りの対象にされるのは甚だ不本意。お金はいらんからほんとに二度と連絡すんな」と返金便を出しました。
 一週間くらいしたら、なんか高級チョコレートが贈られてきて「考えてみれば会長とあなたは別人だったのに悪いことをした心から反省。」と手紙がついていました。

 反省はわかった、これからあやしげな依頼を断るときにはこの経験を引き合いにだすんでヨロ。といって、その後お断りの定番として重宝しています。

 その人の中でどんな物語が作り出されたのかは判らないけど、いきなり臨界点にきて攻撃する人っているね。そして本来苦情を言うべきなのは、取り置きを忘れたり、私がお金を払って買ったのを承知で無料の本を送った会長さんに対してなんじゃ?とも思うんだけど、多分会長さんと私とではその人の中で格差があったんだろうな。お陰ですっぱり断るいい基準にもなりました。
 わりと趣味の友達って嫌な事をされても緩めに見てしまうと思うのね、時々変な要求だな?と思っても引き受けてしまう事があったけれど、線引きを意識するきっかけとなりました。
5

2016/9/8

別居に挑戦  
 ぷーさんの羽むしりが止まらないので、昨夜からいっそ!と別居をさせてみました。
 元気のいいぷーさんを小さいカゴに移して、いつものカゴにはぽーさんのみ。夜の間、せつなそ〜にぷーぷー鳴き交わしていて可哀想かった…しかし同じカゴにいると羽むしりで夜中にびゃっ!と悲鳴が聞こえちゃうんだよね…。
 タマゴを生み始める頃になると、どうもちょっと険悪になっていけません。いつもちっさいぽーさんが追いまわされちゃうんでちょっと贔屓させてもらっちゃうよ、すまんねぷーさん。

クリックすると元のサイズで表示します
 りふじんです!

クリックすると元のサイズで表示します
なんかさびしいです。

 そんなすみっこにいかなくても…

                           

 霜島先生サイト更新キターー。と思ったら新刊案内が。本屋へ走ろう。
2

2016/9/7

へいめんこうせい   
 中学校の頃、シンボルマークのデザインを考える時のポイントを教わったんだけど「平面の図案を作る時は具体的なリアルパーツを混ぜないこと・手前とか奥の位置関係を作らずに、平面構成に徹する」がイロハのイだそうな。
 で実際そうじゃないデザイン(すごく昔っぽい会社のロゴ・背景が円の中にハトのシルエット、手前に工具みたいなリアル絵を重ねたマーク)と平面構成のみでまとまったデザイン(水戸黄門で有名な三つ葉葵)のを並べて、「新しい古いじゃなくてセンスの問題」というのを教えてくれました。
 だからシンボリックなデザインの基本としてこれは鉄板だったのだ。でも大人になってデザイン事務所の先輩がやっぱり前者みたいなデザインを持ってきて「こんなに丁寧に描いたのにお客に断られて理不尽」と怒っていたのを見て、美大を出た人でも!?と混乱したんだ。

 と言う思い出を、陸 自のエンブレム、桜&翼背景にリアル日本刀を重ねたデザインを見て思い出した。
 今世紀にこのデザインはないわー。デザインの内容があんまりなのも思ったけど、それ以前にデザインがあんまりだ。戦前回帰甚だしすぎというかぶっちゃけ厨2くさすぎね?
 いいね!と思って選んだ人の好みが判り易いだけに逆にイヤだ!
3

2016/9/6

鰤語り  
 今週はおたくらしく漫画話で行こう。
 連載の終った長編のうちの具は読んでいなかったんだけど(アニメの竹内さんの声が大好きだった)鰤は友達が進めてくれて前の方の一部だけ買っていました。(通巻の長さに負けて途中から借り読みになってしまったごめん)
 チームバトルものの先駆けっぽかったよね、それまでは単体で敵とか通りすがりとかで出てきたキャラが、鰤あたりから数人のチームで登場して章のバランスをとっていくみたいな展開。
 世間のアイドルの人数がばーんと増えてきた時代と機を一にしていたから、タイムリーだったんだろうな!(昔ジャンプのHPにあった打ち切りの小部屋みたいなところで、前作が「キャラ人数出しすぎ」と一刀両断されていたから、時代の好みが合ってきてくれたんだね)

 個人的に安心して見られたのは、いかにもファンが再登場を望むキャラを優先しないで、基本メンツや話の展開上使い勝手のいいキャラを出張らせてくれてたことです。
 鰤ってわりとイタい設定とかこじらせ展開多かったじゃないですか。自己投影しちゃう読者って少なくなかったと思うから、この子をもっと出して出していうリクは少なからずあったと思うんだけど。そんな中で、くっそ暑苦しいたらこ唇のおじさんとか、顔黒く塗った変態おじさんとか、誰得なんだろうなキャラを上手に使って、危機を効率よく脱する展開に繋げていたのはやっぱ作者のストーリーテリングの上手さだと思う。
 もしや人気のキャラは映画で消化(だってちゃんとお金が動くもん)って割り切って作っていたのかな?

 私は長編で特別楽しみにしているのが、やっぱ物語の組み立て方と落とし方なのYO。キャラ萌えより話の展開に燃える方だから、鰤は時々かゆい!しょっぱい!と思うことはあってもでも続きが気になる!作品でした。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ