2016/9/5

長期連載終了  
 ニュースで漫画の連載終了のお報せが続いている昨今。
 具と鰤は続き物だし物語が収束すればキリのいい所でまとめやすいと思うけれど(いや長編の巨大風呂敷をたたむ技と体力はべらぼうに大変だと思うが!)長く読みきり漫画で続けてきたこち亀は、作者の思い切りというか決断にかかっていた訳だから別の意味ですごいなと思う。

 10年くらい前に、TVのドキュ番で秋本先生の特集をやっていたのを見たんだけど、とにかく原稿を落とさない人で、子どもが小さい頃学校行事にお父さんとして参加するために、その週末に仕事を残さないよう半月くらい前から前倒しで原稿を上げるようにしていたとか、急に体調が悪くなった場合のためにあらかじめ数週間分の作品のストックを作っておくとか、なんかもうものすごく聡明な作家さんだなと思ったのよ。
 しかも1話読みきりの話を40年、描き続けるってものすごいな。両津さんははっちゃけたキャラとして描かれてはいるけれど、乱暴ながら主張する内容は底が抜ける程理知的で「納得していいのか考えるのを諦めんな」を常に吠え続けるところがいかしていたな。
 判り易いギャグを主体にして、子どもの読者にツッコミスピリッツを伝えるってのは、雑誌のカラーの重奏低音になっていたと思うYO!
 初めて読んだのが、子どもの頃従兄弟のお家の雑誌でだったんだけど、その時のジャンプで特に面白かったのが、こち亀とまだ連載前の読みきり作品だったコブラ(寺沢武一)でした。
 あれからジャンプ漫画は面白い作品、重いの軽いのたくさんいい作家を育ててきたと思うけれど、秋本先生に関してはジャンプにきてくれてありがとうと言っていい作家さんだと思います。長い連載、お疲れ様でした!


 今日は友達がかぼちゃをおすそ分けしてくれました。
 喜んで晩御飯はかぼちゃのポタージュだやっほう。ごちそうさまでした!
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ