2016/11/16

ドキュメンタリーの肩の力  
 昨夜、原稿描いている時に、深夜TVで宮崎駿氏のドキュ番をやっていたので見てみました(再放送)。

 カントク何度も引退するする言うては「やっぱ戻っちゃった〜」みたいなことを繰り返してて、おいちゃんそろそろ落ち着こうよ!とか思っていたけれど、映像みてしみじみ「そうだね、モノ作ってた人が引退したからって作るのやめるなんてムリぽだね」と思ったよ…あの手持ち無沙汰になるとちゃぱちゃぱコーヒー淹れて飲んじゃう気持ち、ひりひり判るっす…。

 で、大人数のプロダクション抱えての製作がムリならいっそCGで一人で短編から始めようってんで(ジブリの森美でいつも流してるオリジナルアニメ)作り始めるけど勝手の判らないCGに四苦八苦、てな内容でした。

 ただ途中で、若いCG作家さんが自分のCGをプレゼンに持ってきて流すシーンがあるんだけど、それが酷かった。
 放送禁止用語並べて直球に言うと、畸形の人が早いスピードでのたうち這い歩きまわる(色は黒+紫)映像で、さて一体どういうつもりでこんなの持ってきたのかな?とあやしむレベルでした。

 曲がりなりにも宮崎氏は日本で一番有名なアニメーション作家だと思うし、映像作ってる人なら、氏がどんなメッセージの作品で何を描いてきたか全く知らないってのはないと思うのね。
 案の定カントク猛烈に怒って(トーンは平静だけど)人間への尊厳がまったく見えてこないとか何のつもりで作ったのか判らないとか、とどめに非常に不愉快、と評して、持ってきた人も泣きそうな感じで「CG見本みたいなものだから…」と声を詰まらせていたけれど、まあカントクでなくてもそういう感想しか言えないよ…な映像だったのよ。

 ただ長期撮影で取材したっぽい番組で、そんな軽率な作家を連れてくるってのも変だから、もしかして「ハラ立つほど由々しき作品を見せてカントクをその気にさせよう」的な番組の意図が万が一にもあったとしたら、それはものすごく失敬な話だな…と思ってしもうた。
 そんな作為はなくて、ほんとにたまたまこのCGだったらカントクが評価してくれるかも、と思ってあの映像を選んだのだとしたら、それはそれでものすごくカントクに対して酷いというかリスペクトなさすぎだろう、な感じでちょっとがっかりきてしまったな。

 長年忙しく監督生活を送ってきた宮崎氏は、結局また長編作りたい夢を持ってて、最終作を作った後で時間が余るくらいなら、作ってる最中にぽっくりいくほうがいいという、因業こじらせまくったイカした爺になっていました。

 これだけ秀逸な人材を取材した番組でも、やっぱちょっと作り手の作為というかちぐはぐな意匠を感じてしまうんだから、気合はいったドキュ番ってのはむつかしいね。

2

2016/11/16

水も洩れない  
 2話目の下書きを描いていたら、案の定ページが増えてしまって、このままでは124ページになってしまうやろ!になってしまいました。
 なのでもう2話目は次回に繰りこし、次は1話だけ仕上げることにします、面目ない!
 という訳で次は80ページかな?なんにしても急がなくてはいけない状況なので、がんばるぞ。
 とりあえずペン入れ始めました。1日5ページずつ描いていけば、描き込みに一週間とってトーン貼りに4日、仕上げと表紙に2日、編集に1日で出来るはずったらはずったらはずなのよ。
1

2016/11/15

お絵かき修行  
 聞いてください、この期に及んで自分の画力に絶望を感じたので初めてでっかいクロッキー帳を買ってきて静物のクロッキーを始めてみました。

 もしかして小学生以来かな!!

 なんで今始めるんや!という気もなきにしもですが、意外に45分がっちり見てじっくり描いてをやった後で原稿に向かうと、手もつるつる動いてくれるですよ、ユリイカ!
 これはあれかしら、テストの前に百マス計算をやると頭が動き易いとかいう準備運動的な効能があるかしら。とうっすい期待をしております。まだ3日目だから、慣れていなくてそう感じるだけかもしんないけどね!

今日の鳥さん。

 公園の日当たりの悪いすみっこでまだ繫茂していたメヒシバが、週末の自治会大掃除で刈り取られてしまいました。しょんぼり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 それで先週またもやおタマ週間になりかけてしもうて、二羽で順番こに4つ産んでしまったので、カゴを北側の部屋に移動したり放鳥を別々にしたりといろいろやってみたところ、どうやら止まってくれた…のかな?
 新たなる秘密基地に巣が出来ていないことを望みつつ!
3

2016/11/14

茶のみ話  
 本日、久しぶりに名人さんのお家に遊びに行きました。
 なんでも親分が世間のしがらみに煮詰まってしまったというんで、じゃあ先日お茶に行こうと誘っていた名人さんも誘って出かけるべしかという話になったところ、だったらお茶を飲みにいらっさいと女神の声をかけてくだすったのだ。

 いろいろたくさん喋ったおかげで、アタマもすっきりしてきたYO!
 職場もボランティアも大変なことは多いと思うんだけど、大体それって仕事内容じゃなくて関わる人の中に厄介のタネを播いてしまう人がいるかいないかなのね。
 仕事で大変なことは、泣き言言いながらでもなんとかしのぐことはできるけど、人でつまづいた場合、どんだけ作業を進めようとしても、イヤな感じの重しを一緒に抱えなきゃ行けないからしんどくなるんだと思います。
 部外者は荷物を替わって持つことはできないけど、イヤの原因を話して聞いて、重さの理由を分かち合って励ますくらいならできると思うから、せめて全力でドンマイするよ〜。無力でごめんよ〜。
1

2016/11/13

進捗状況もやもや。   
 コンテ終了、2話目は23ページ。
 しかしものっそ暗めな展開に入ったところで続いてしまうので、これだめかな?と悶絶中。今更私の話で暗いのだめということはないか?はたまたここまでしたら予定調和でやな感じ?
 あと1シーン先まで描いたら、キャラが揃って先につなげ易いのはわかってるんだけど、そのシーン長いからな…うう悩ましい。
 下書きメドがついてペンいれ始めて余裕がありそうだったら1シーン追加するか。

 どの口が余裕とかぶっこいているのだろうか。

 今は生活上ちょろい不安なことがたくさんあるもんだから、なにやっても惑ってしまって決断できない精神状態。チキンでやーね。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ