2017/4/24

ハバカリ  
 最近ちゃまが「ガールズ&パンツァー」(再放送)を見始めたので、以前見た事があるんだけど一緒に見ております。
 女の子三昧で目の保養〜なんだけど、私が怖いツッコミするからとちゃまが嫌がってます(戦闘後、戦車が黒焦げになってたら「搭乗員…四名焼死か」とか砲撃を受けて運転手が顔を出した状態で失神!を見て「むっ!首が取れている…?」とか言うからうざいとな)
 私もキャラかわいいし話のテンポはいいけれど、多分これは向き不向きで、自分には向いてないんだろうなーと思うようになったよ…

 前に忍たまの作者さんが、どこかでフィクション度合いの話を書いてたんだよね。曰く

 室町時代の設定のギャグ漫画で、食堂でつまみ食いしようとした子がこそっと冷蔵庫を漁る。

 というのは、「ねーよ冷蔵庫W」と子どもでもギャグだと判る。でも

 団子屋で買い物するシーンで寛永通宝を使おうとする。

 と、それは貨幣の時代が違う、でも歴史好きな人でないと嘘には気がつかない。それではギャグにもならないし、読み手の対象である子どもに対して誤った知識をつけてしまう。
 だから尼子先生的には、それは「悪い表現」なんだとな。

 戦車好きの為に描かれたお話に野暮なツッコミはしたくないけれど、戦車&美少女好き以外の人に広くすすめるタイプの話じゃないのかもな。と思うんだ。
 判ってる人なら、至近距離で砲撃受けて戦車が黒こげになる状態だと中がどんなんかわかるだろうけど、ぜんぜん知らない人に対して、街中で戦車の砲弾ぶちこまれて大惨事にもならず無傷の絵ずらを流し続けるのははばかったほうがいいかもとな。

 しつこいけれど、私は基本アニメや漫画にはハバカリって必要だと思うクチです。卑屈になるのはイヤだって場合には「ぼうやにはまだ早いからな(cv.池田秀一)」つって住み分けするとイイヨ!


 

5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ