2017/8/28

ダメだと言われたら  
 しばらく前に「漫画家や声優になりたいという子どもをツブす方法」みたいな記事がニュースに流れてて、それに対して「なんでや」「こんなんが教育者として30年も?」とか反発意見がおたく界隈や文筆家なんかの、ものを書いたり作ったりな畑からあがっていました。

 私もたいがいぶーぶー言ったクチだけど、実際自分の子どもとかそのツテで知り合った子どもたちを見てて思ったんだ、叩かれてもほっとかれても、やる奴はやるし去っていく子は別の畑で伸び伸びやる。
 記事に対して反感を抱いたのは、必要も効果もうっすい「子どもへの暴力」を、特権みたいに自慢しいしい語る、その教育者の人品がやらしいからだったのかもなと。

 先週になってやっぱりSNSで「学校の先生が生徒に教室から出て行けといい、出て行ったら叱る、ってどうなのよ」って話題があがってました。
 同じような話を、今は成人した親戚のお嬢さんが部活で経験したって話を思い出したのよ。
 顧問の先生を校門で見かけたので、部員が全員でおはようございますって挨拶したんだけど、ちょっと先生独特の方でまるっと無視されちゃった。仕方ないか、とみんなで部室に入ったら、先生が飛んできて挨拶の返事を待たないとは無礼だって言って、部長さんを呼び出して部活時間中ずっとねっちりからんで説教してたって。部員が心配して様子を見に行くたびに先生は怒鳴るし部長さんも仕方ないからいいよ、と言って、活動終了後みんなで部長さんを迎えに行って先生に謝ってやっと帰宅。でも部活に顧問は必要だから仕方ないと諦めてて、部員同士はものすごい団結して仲がよかった。

 いやいやいやいい事があったとしても、そんなんおばちゃんすごくとさかにくるわー。

 こういう立場の違う相手に対する暴力っていうのは、部活だけじゃなくて家庭でも学校でもあるところにはあるし、大人と違って罪が重いと思うのは、若い時代にそんな理不尽を受け入れる素地を作りすぎると、大人になってもいざという時逃げられなくなる点じゃないかと思うんだ。
 だから逃げ場所ってのはひとつでも多いほうがいいと思っているよ!

 それこそ家でも学校でもない、おたく仲間でもいいと思うんだ。体力のいるヤンキーや財力がないと厳しいギャルよりは、資本が小ぶりで済むしな。
 自分の場合も、家や学校でけちょんけちょんにけなされた絵を、よりによって出版社に投稿してレスポンスを貰ってやっと救われたクチなので。
 ダメと言われたら自分を磨く努力ももちろん要るだろうけど、とりあえず目先を替えて新規開拓するのって大事だと思うんだ。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ