2017/8/29

ホレボレ  
 借りてきたDVDを最後まで観ました〜。2クール+映画版、こってりファンタジーな「GARO炎の刻印」です。なんか話の重さと絵の明るさ怖さと、尺がぴったり合った感じで滅法面白かった〜。
 これ最初に二次創作を見て「王道っぽいファンタジーだ面白そう!」と当時1話をネットで無料配信してたのを見たんだけど、

今みたら絶対、今描いてるファンタジー描きあがらない!!!

と確信したんで、しばらくお預けにしてたんです…やっぱりさ、重量のあるいい作品で近いジャンルって、ぜったい見たら引きずられるじゃないですか。ちょうどFOUNS描きはじめたとこだったから…

 封殺鬼の平安パロ描いてる時はとりあえず「陰陽師」は新刊でても近寄らないようにするとか、SF描いてる時はうっかり金ローでSFバトルひっかからないようにとか、畑の近い大物には期間限定で近づかないっての、自分はよくするんだけど…アリ?

 やっぱ重力の法則って創作にもあると思うから。似たようなエピソード描いてしまうのはまだいいんだ、近づいてすいません!て離れようとするあまり、自分でも訳のわからん展開に暴走してしまうのが怖いんだよー。
 とにかくオリジナルはこの夏の話で大体方向が固まったから、舵が効かなくなる事はないかなってことで。

 それはさておき1話目、面白かったんだ。続きが気になってもやもやしてたから、今回見られてやっとすっきりしたYO!
 あと話だけじゃなくて絵もすごくきれいだったんだ。アクションもだけど背景がどえらい綺麗!!
 わりとどうでもいい街中の建物の隙間とか、野辺の道の朽ちかけた木の柵とか、再建された町の建物の脇で、一旦伐られた大きい木がまた芽吹いてるとことか。すごく細かく美しい〜〜
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ