2018/5/14

ショボン紀  
 ちゃまが今期も山のように新作アニメを見ているんだけど、大体好みがはっきりしていてかわいい女の子がわちゃわちゃ出てくる系を集めているもよう。

 女の子が馬だったり仮想空間で殺戮ゲームしたり南極いったり漫画描いたり下半身なぜかまるだしケモミミ飛行機だったり魔法剣士だったり戦車乗り回したり天才幼女棋士がたくさん集まったり不幸な魔法少女ルサンチマンだったり水着でバトったり異世界に行ったチート勇者の取り巻き女子班いろいろとか、見たらなるほど好みがよくわかる、ポイントここだねってすごくはっきりしています。
 これって見る側からすればとても判り易いんだろうけど、古くとも女子目線で通し見して思った

 基本漫画やアニメはAR系与太話(拡張現実で夢みるYO!)だけど
 このへんの作品はもうVR系トリップ(仮想現実・周りをシャットアウトして浸る空想)だよね。

 最早JKって設定のはずなのに6〜7才幼女の言動(声をかわいくしたいからそうなるのかもだけど)で、これはもうどっかでぱこっとやられても仕方ないわって思わせる、話を追おうとすると不安になってくる系の女子ばかりがでてきて恐い。いや可愛さを楽しむアニメなんだよ!っていうのは百も承知だけど、あまりにリアリティがないとまずは話を見ようかって思ってしまうタチなもんで…

 でも一番こわいのは、見ているちゃまが一緒に録ってる「ちはやふる」とか「三月のライオン」に出てくる、ちゃんとした人格をもったJKとして描かれている女の子と、あの幼女系女の子たちとの違いにまったく気がついていない点なんだよ。
 「舞台が関東と関西ってだけでずいぶん明るさが違う」とか「どっちの話も主人公が同じようにそそっかしいとこが似てる」とか平気でいうんだよ…

 どんなにどんなに頑張って話を描いても、届かない人には届かない、あんなにいい作品なのに。

 と私が勝手に落ち込んでるだけなんだけどな…ほんと外野が何言ってやがるでごめん…
5

2018/5/13

雨の集金  
 昨日と今日は自治会費集めたり書類配布したりで近所をちょろちょろしたんだけど、今時はほんとに電話番号が判らずお宅にピンポンしても出てこない方が多すぎてとても大変。
 一応1週間前の回覧板で、回る日時を書いておいたけど、見落とす人も多いからな〜。
 人がいても出てこないお家は、「明日何時にいきますね」メモをポストインしておいたけど、大体そういうお家の人は捕まらないんだよね…最終手段は、玄関前ででかい声で名乗っていらっしゃいますか〜〜〜ってどんどんやるんだけど、クラシックな押し売りオヤジと同じ流儀ですな…しょっぱいことに、これで全部回収できちゃったからさー。
 ほんと連絡手段がなくなったのがイタいのう、重要な個人情報が百万単位で流出するたびに、ホラホラホラとおばちゃんたちの呪詛が深まるZE!
2

2018/5/11

夢日記  
 今朝までのの数日間はひと頃の暑さをチャラにするような肌寒さで、なにをやるにしても体の動きが鈍くなった感じでいかんかった。

 朝方キンカチョウの出てくる夢を見た。

 家族で宿泊している宿に、ぷーさんをカゴごと連れてきてるんだけど、ふとみるとカゴの外に鳥が出ていて、あわてて窓を閉めてよく見ると、ぷーさんはカゴの中にいて外のキンカは別の鳥らしい。
 宿の人にキンカチョウが逃げてますよと言いにいくと、あれは野鳥でこのへんではキンカは野生で普通にいるんだと言う。
 野生の鳥にしてはあまり逃げないな、と手を出してみると普通に乗ってくるわ、にぎりキンカができるわで夢のようであり。(夢なんだが)
 宿の人がきて、キンカ飼ってるならもう1羽飼えばいいじゃないかと奨められ、マジですかとときめくんだけど、ぷーさんと並べてみると明らかに小さい。これキンカチョウじゃないんじゃ?柄は同じだけど小さすぎるぞ??鳥というよりコクワガタみたいなサイズ…
 などとあやしんでいると、謎のキンカチョウは宿の廊下のほうに飛んでいって、そこには天井一杯にいろんな上着がハンガーにかかって釣り下がっていて、もう鳥は見えなくなってしまう。

 なんか前後に別の夢みてたはずなんだけど、覚えてるのはここだけでした。鳥を見分けよう視覚で記憶しようとがんばったせいなんだろうけど、見れば見るほど鳥が小さくなってくのが不思議じゃった……
2

2018/5/7

気が早い  
 昨今セクハラ問題がちょいちょい話題にのぼってるけど、今までのニュースの取り上げ方とちょっと変わってきたなと思うのが、以前のニュースは興味本位で誰がどうしたっておいしく頂いて飽きたら特に問題を解決せず流していった感じなのに対して、今回は同じようなセクハラ環境維持派と加害者保護や被害者封殺はもうやめるべしって派がせめぎあう段階にはいっているよね。やはり#Me too運動の影響もあるのかな。こういう機運の時に、ほんとに常識として広く性犯罪を容認しちゃいかんって感性が根付いてくれますように。

 でもそんな中やっぱり国営放送で酷いニュースがあったんだけど、夜の番組で「児童養護施設で行き場の無い幼い子が、同じ施設の大きい子から性的虐待を受けた」ってテーマ。
 番組の流れとしては、上記の状況を語った上で「実は加害者も親元で暴力を受けた経験があった」ときて、被害者の母親を映して「そういう事情を考えると可愛そうな気がする」と言わせ「被害を受けた(10歳以下の少女)を救う手立ては今のところ無い」とコメントし「暴力の連鎖はすべきでない」で締める。

 これは現状維持を表明して、被害者の泣き寝入りを奨めるってニュースにしか受け止められないけど、いいのか?
 何考えてこんな酷い結論を突き出してるの?

 その後、別の養護施設で「他の子への暴力を軽減するために細かい指導ししている活動」を紹介していたけれど、それは養護施設だけじゃなく普通に小学校や家庭でするデフォな設定であって「性暴力とその対処」って話とはかけ離れた話題になってニュースを締めくくってました。印象をソフトにしてイメージを矮小化させる、ちょっとイヤらしいつくりだった。

 それで思ったんだけど、8〜90年代の学校のいじめ問題のニュースも、こんな感じだったなあと思いだしたよ…ちょうどちゃまが家人に頼まれて、実家にのこってたVHSのビデオで録画した音楽番組をDVDに焼きなおしてたんだけど、それでいろいろ連想してイヤなつくりのニュースがあったなあれやらこれやらってフラッシュバックしたのね。
 丁度高校の時事の授業で、長期休暇の宿題に「メディアのニュース文法で気になったものかき集める」ってのやってた頃だから…

 いじめは犯罪じゃなくて学校内の人間関係、たとえそれで金銭が動こうが人が死のうが事件じゃないって強い「場の設定」ってものが支配してた時代だったな。
 今世紀になってやっとその「場」がゆらいできたけれど、その手順をふめばこんな「性暴力はあるのが自然」っていう場の設定も壊していけるんじゃないかな。

 メディアはとてもイヤがると思うけど、今年の言葉はもうセクハラじゃろ。と4ヶ月終ったあたりで早々思っている…
8

2018/5/6

コミティア参加  
 5/5のコミティアも無事終了、お立ち寄りくださった方ほんとにありがとうございました〜!
 はばかりながら今回体調不良で参加できなくて、まさかのちびちび初売り子を頼んでしまいました。設置の指南してくださったUMINさん、お気遣いくださったかおりさん、ありがとうございます!!ほんとに!!!

 私は顔がこわいからイベントで恐い目に会ったことがないけれど、世の中には恐い話が溢れているからハラハラしてたんですが、ちびちびさん楽しく売り子できたよーとの事で、来てくださった方にも心から感謝であります。私がお腹くだして便器の友になってるうちにほんとありがとうございます!!!
 でも田舎もんなので人混みにはへばったんだって…ちびちびもお疲れ様でした。都内の実家にお泊りさせてもらって、今日帰ってきました。

 新刊の感想改めてお届けいたしますーーー!お世話になりました
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ