2018/7/7

豪雨と法改正と執行と  
 昨日あたりから大雨の予報があったのだけど、今日は西日本が広く水害に見舞われて大変なことに。夜の11時現在まだ災害対策本部がたちあがっていなくて、どうしたんだろう政府はビームでもくらったか。

 一昨日、水道法改正案(水道民営化)が衆院通っちゃったってネットで見かけて、そんな大事がニュースにもならないで法案かけられて可決されるなんてあるのかなつって新聞やTVのニュースヘッドラインどこを探してもびたいち記事は無くて、ただネットでだけ(反対意見が)流れているんだ。とてもこわい。
 昨日はオウム真理教の教祖と弟子の死刑執行が行われて、そっちのニュースが一面になっていた。
 大雨の予報は昨日の時点である程度はわかっていたのに、執行してしまったんだ。ニュースや対応が割かれて困るんじゃ。と思っていたけど、こんなにまるっと豪雨対応に反応しないなんて思わなかった。
 でもこんな反応を見てしまうと、社会系の小説作家だったら「執行が法律改正のニュースを遮るソースとして利用されたとしたらこれは時間を指定する殺人と同じデハ」的な話をひりだしてしまいそうな気がするな、知らんけど。

(追記:シロウトがこんなこと言うより半年以上前に、新聞記事にあったゴメン→「麻原死刑囚の執行政治利用」日刊ゲンダイ2018年1月20日)
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ