2018/9/29

お外で昼寝  
昨日の鳥さん。

 昨日久しぶりに天気がよかったので、午後大掃除中鳥さんはベランダへ。
 埃が立つ作業が終ってから部屋の中に放したんだけど、いつもとまっているリースとかカベの段差に拭いたあとの湿気が残っていたらしく苦情ぷーぷー。いやあすまん。でもかわいいなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

 苦情は言うけどやっぱりカゴの中より外が好きらしくて、こういう部屋の隅っことか本の上などで、時々丸くなってこっくりこっくり寝てたりするぷーさん。
 眠いならカゴに戻ろうよ〜〜と入り口開けるんだけど、みーみー抗議されます。むつかしい。
1

2018/9/28

炎上CM  
【良い「炎上CM」と悪い「炎上CM」を分けるものとは何か?】

 渡辺由佳里氏の記事が面白かった。
 炎上したCMのイカン事情をわかりやすく説明してくれてるんだけど、それにしても、CMのメッセージを届ける相手は誰かを見極めるって、高い広告料を出してる企業は当然やってるものだと思ってた。(バイヤーペルソナという言葉は初めて知りました。)

 逆に炎上するほどイヤな表現のCMを見ると、差別とか甘えとか無知とかの、やらかしてしまう側の視点が見えるって点で興味深いと思うのよ(ブレンディのカフェオレのCMは知らなくてよかったとココロから思えるくらい気味悪いけど)

 自分もなんか説明したり表現するときに、こういうやらかしに踏み込むかもしれないって恐さがあるからさ。映像の完成度とかヨコにおいて、これ言ってることやばない?って匂いを知る指標になるんだよな…ほんとすまんけど。

 興味深かったのが「良い炎上」にあがっていたナイキの例。
 人種問題に直結するシビアなテーマをかかえた人選とメッセージだけど、企業が推すべきだと選んだバイヤーペルソナが、ナイキの判断を評価してくれた話。

 結果を見たら「うまいことやった」ってことなんだろうけど、実際問題、スポーツ用品を扱うナイキが、プロスポーツの現場のもやもやをなかったことにして商品のセールスを続ける姿勢ってのも、それだけでマイナスCMになってしまうと思うのね。
 企業が当事者意識をもって「ウチはこっちにつく」と示した行動力が、売り上げっていう評価につながったんだろうなと思った次第。
 やるべき時に無視をきめこむのは、一見安全策のように見えるけれど、無言の「評価を下げる」判断を受ける手なんじゃないかなあ。
5

2018/9/26

休刊のニュース  
「新潮45」が休刊するとのニュース。
 大きい企業が倒れるとき、何か大きく下手をうつ引き金があるイメージだけど、普通の小さな企業の場合はだんだん縮小して体力がなくなってたたんでいく感じではと。
 新潮の雑誌は体力が減っていくのと反比例して毒を吐きまくっていたような感じがした。晩節たくさんやらかしたニュートンやダーウィンみたいな。
 私は新潮社って出版社は特別好きだったし、たくさんの良書にお世話になってきたので、あんなほんとに狂ったような雑誌を出すのが衝撃でした。そして程度の差はあれ、極右の記事や寄りのニュースを送り続けている他の媒体の方々も、マジ他人事と思わないで考えてほしい。そういうノリの方が売れるとかトップがそういうからってばかりではなく。


新潮社が発表した「休刊のお知らせ」全文は以下の通り。

続きを読む
2

2018/9/25

たらこスプレッド  
 スーパーで買ったたらこスプレッドがたいへんおいしくて、蒸しじゃがいもとかパンとかパスタとかに活躍中。
 いつも定番の調味料しか使っていないのだけど、これは新鮮でした

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/9/20

キンモクセイ  
今日の鳥さん

 外を自転車で走っているとキンモクセイの香りがしてきて、すっかり秋だなあとしみじみ。
 鳥さんもカゴを外に出しておくとご機嫌でちゅんちゅんはしゃいでおります。室内に戻したらすぐ放鳥の流れなので、テンションたかいまま部屋の中を飛び回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

写真とるのがむつかしい

 ちびちびの自転車パンクしてしまったんで、修理に持っていったメモメモ。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ