2018/9/4

電車を止める  
 大型台風が上陸して、西日本がまた大変なことになっていました。
 関西は8月にも大変な雨に見舞われていたから、今回は鉄道会社があらかじめ運休します!利用者も駅には近づかないほうがいい!と決断してくれたの、とてもよかったよ!
 細かい事を絶対厳守と責めるクレーマーはどんな状況になってもやっぱり責めるだろうし、社員と乗客の安全が守りきれないような状況で、決断だけできなかったって理由で手を打たないのは社会的な責任をとらないようなもんだものね。電車止めますすみません!って決めて謝るのも仕事のうちじゃ。
 関東の会社も是非見習って欲しい…

 コドモの教育話で、最近「叱ってプレッシャーを与えてものを学ばせるのは行動範囲を狭めさせるだけ、それより小さいとこからでも成功体験を積み重ねて「うまくやるパターン」を習得・応用させてくほうがいい」って話をよく聞きましてん。
 自分の経験を振り返っても、確かに恫喝されてるときって思考停止して次への対策って全く思いつかないものだけど、何か通しで考え試してうまくいった行動って、別の場でもこうしてああすれば出来るんじゃないかっていう数学の公式みたいなものが身につくのね。

 一緒に並べて語るのは憚るけれど、こういう時の会社の対応ってのもそんなもんなんじゃないのかな。
 いままでそういう対応はしてこなかったって意見が絶対強いと思うんだけど。今回の鉄道会社の場合、比較的最近同等の大きい被害にあった経験が記憶に新しいから、無かったことにしよう圧力が少なかったのだろうな。
 でもこれは大事な前例ってことで、この先もちゃんと機能していってくれるといいなと思うYO!
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ