2018/10/2

ノーベル医学生理学賞  
 今年のノーベル医学生理学賞を、京大の本庶祐先生が受賞されたニュース。

 一昨年、生理学賞を受賞された大隅先生だったか、受賞後のインタビューで現場が苦しい・研究室に資金をって一生懸命話してるのに、質問してるコメンテーターは一切無視して「ご家族にはどう伝えましたか」とか「うれしいですよね〜」とか遮るように切り上げていて、ほんとうにこんなにいたたまれなくなり気持ちが塞ぐインタビューもないな…と思った覚えが。
 今回の本庶先生が、記者会見でじーーーーっと黙って座っている横で、京大の偉い先生が無難な挨拶を淡々と語られたのは、学校として先生をフォローしようとしてくれたのかもな…と思ったよ。

 明けて今日のネットニュースで「自分が研究をしていたタイミングは日本の科学研究費が伸びる時期に合っていた」「生命科学に投資しない国は未来がない」って語っていて、ほんとに現場の先生から一番伝えたい(伝え続けている)メインメッセージはそれだよなあと思ったよ。

 ノーベル賞を受けた学者が自分の研究を語るより、大学や研究の場を殺さないでってとこから伝えなきゃいけない環境ってどうなんだろう。

 TVつけるとずっと組閣ニュースばかり流れていて暗澹としてしまうのでしばらく息を詰めている。片山さんとか平井さん入閣はさすがにやばないか。
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ