2019/3/3

断る理性のさきがけ  
 TVをつけたら、サンデースポーツで平成野球選手の特集をしてました。
 野球選手が尊敬する選手を選んだら、やっぱりトップがイチロー選手。
 インタビュー受けていた選手の一人が「小学生の頃、サインをもらって嬉しくてお礼も言わずに立ち去ろうとしたら、呼び止めて「ありがとうございますって言えばいいんだよ」と教えてくれた。少年野球で教えてくれた時は、道具を大事にする指導をしてくれた」って話してました。プレー以外の場所でもいろんな事を教わったそうな。

 わりと野球畑以外の人がイチローのネームバリューを利用しようとした賞やイベントにも、やんわり自分の都合を話した上で断っていく姿勢も好ましかったし、野球が好きでできるだけ試合に出たいし、試合に出るなら1分でも長くプレイに参加したいっていう直球さも大好きだなー。

 ちょっと前にフィギュアの羽生選手や宇野選手が、メディアからちょっとどうなのって質問やコメントを求められたとき、自分の分を説明した上できちんと断る姿勢を見せているところにとても感じ入ったんだけど、多分そういう意識のさきがけにイチロー選手がいるんじゃないかなと思うのだ。

 とにかく今は「自分は何が正しいと思うか」より「どこまで相手に合わせられるか」を優先してしまう風潮だよなあと自戒を込めて思うので、こういう姿勢は見習っていきたいと思いましてん。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ