2019/4/17

今年のコナン  
5月の封殺本やっと本文が終わりました。これから表紙に入ります、なんとか今週中に入稿できるかな。久しぶりにお綺麗どころがメインの話なので(注・当社比)なんとなくちまちま描き込んでしもうた…

駅前まで出る用事があったついでに映画にいって参りました、コナン映画だよ!今年はわりかし推理がきっちりはいっていて個人的に好みでした。
探偵モノだから読みきりの漫画やTVアニメは推理中心の話が多いけれど、尺の長い映画はどうしてもバイオレンス寄りになりやすいから…そのたびに鈴木財閥の巨大なインフラが破壊されるのどうなんだろうと思っていたけど、今回なんとシンガポールの目玉ホテルが舞台!マーライオン血を吹くし!!ええんかおい!?とびっくりしたけど、なんでもシンガポールやその観光協会から「どんどんやってOKっす」とGOサイン頂いたそうで、すごい太っ腹やなシンガポール!観光業にそそがれる気合が違う!!
でも実際映像をものすご気合いれて作られていたから、これはこれできっちり「シンガポールに観光にきてね!」なPRにもなっていましたわ…ホテルは大破してたけど。

以下ネタばれありのおたく突っ込みなので畳みます。
続きを読む
0

2019/4/12

入学祝辞  
 上野千鶴子先生の東大の入学祝辞がすごくよかったので引かせていただきもうした…
 立派な故事の引用だのふわっとした理念をびたいち語らず、今起こっている残念な社会の状況や価値観を若い人に直球で語って、でもその上で「大学で学ぶ」ことの意義を語りかける。


「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。」

「女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。」

「フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。」
6

2019/4/11

満願  
 米澤穂信「満願」読了。めちゃめちゃ面白い短編集でした。最後の方になるとああもうページがこれっきゃない…としょんぼりするレベル。
 話も面白いんだけど、文章がね、時々ごく普通の記述をしてるのに「これは普通の皮を被った暗喩なんじゃ?」っていう妙な文章の曲がり角がとてもぞくぞくします。そういう箇所を通ると物語がふと翳ったり逆にいきなり光がさしたりする感じ、いいなあ面白い!

クリックすると元のサイズで表示します
タリーズのコーヒーとアイス着きだよ豪勢じゃろ!
0

2019/4/10

DL違法化案  
 久しぶりに友達とご飯を食べに行ってきました。

 DL違法化の件SNSで怒ってたらおかん友達から「いつも政権批判で怒ってるんだから〜」とたしなめられてしまったよ。
 月に1回と決めて書いてるけどいつもに見えてまうんだね〜日常では喋らないからなあそういう事。

 でもおたく的にはこんなめちゃ法通されたら、情報環境イッキに昭和60年代くらいに逆戻りになってしまうんや…ネットでの画像検索を封じられたら困るのはクリエーターだけじゃないと思うんだけどな。
 グラフや数値のCG化した画像なんかも、まあ数字を全部記録して自前でグラフ化しなおすこともできるっちゃできるだろうけど、普通のアタマだったら画像コピペするもんやん?
 その基本的な作業を、悪意さえあれば犯罪扱いできてしまうのは、研究者全体の首しめたりするんじゃないの?

 そもそも最初は漫画の海賊版サイトをなんとかしてほしいという事から立ち上がった法のはずなのに、肝心の海賊版サイトのプラットフォームにはなんの効果もない(アレはタダ見する人はいちいちダウンロードしないから)ザル法どころか枠法やんか〜何がしたいのかさっぱり判らない!

 まあ以前も政権批判してるって言われたのは、2015年の安保法制を押し通された時だったね…
 さすがに「政治家のしばりがゆるんで自由にできる裁量が増える、戦争参加・予算の面で」ってそれ法治国家でやっちゃあかん件じゃないのー!と怒ってたんだったよ。でも怒るべき時には怒らないといかんよ。犯罪者の後ろでモットヤレーってヤジる人になりたくねえんだい。

 更に今回の件では絵描き的にモロ当事者案件だからね!
 選挙前だから決定は後にするけど、内容見直すつもりはない、丁寧に説明していきますとか言ってるから(だったら現場から上がってきた声明も丁寧に読んでくれよう)まだまだ正念場が続くのよがっかり…
2

2019/4/2

新元号  
 昨日のお昼に新しい元号発表、令和とのこと。

 元号は最近あまり使わなくて、年賀状を書く時に西暦に12年足して〜とやっていたんだけど、日本史の本を見たら「その時の政権が時間の表示の決定権をもつ」っていうけっこう重い意味があると知りました。
 だから平将門は国内で個別の政権を建てはしたけど元号は作らなかったとか、南北朝はマジ新規政権を建てるつもりで元号も別に作ろうとしたとか、要はクーデターの本気度を測る目安だったのね。

 個人的には一昨年(3年前の秋だった)、天皇陛下が退位の希望を表明された時に知った、今だに科せられてる天皇って立場の大変さとか天皇家に生まれついたり嫁いだりすることが「基本的人権」にひっかかりまくってるんじゃないか?な状況をどうなのと思うようになったんで、そっちをもうちょっと考えてもいいんじゃないかと思うんだけど。元号の言葉の良し悪しをいうよりか。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ