2019/6/25

どろろ完走  
 アニメの「どろろ」の最終回を見ました〜〜面白かった!
 手塚治虫の作品を人物の顔立ちをまるっと変えて設定も細やかにして描かれてたので、とても今世紀風味でよかったです。

 私はアニメを見るのが一番楽しかったのって、うんと小さい頃の70年代でした。
 わりとはっきり自覚してるんだけど「線で描いた絵が動くだけでなんであんなに楽しいのか」って小学生の頃思ってたんだ…そして当時のテレビアニメはあまり動画が動かなかったり話の展開が雑だったり、ちょっと子供だまし扱いで作られてた作品もたくさんあったんだけど、それでも「見たことない絵柄」「びっくりするほどシリアス」「思い切ったかわいいエロス」なんかを出しては引っ込めしながら表現の幅をじりじり広げていった時期だったような気がします。
 その頃に特に大好きだったのが手塚治虫作品だったんだ、絵も話も大好きで、子供が読むのを許された話の中で一番ボリュームのある物語だったから。
 それが80年代くらいまでは虫プロがなくなったりしたものの作品は描かれ続いてたんだけど、90年代の入ってから見るのがしんどくなったんですわ。
 昔は自分がアニメをあまり見なくなったせいかなと思っていたんだけど、いまになって思うと作品の方が変わってきたんだと思う…ご本人が健在でいた頃は、褒めも腐しもされていた手塚作品が、作家が亡くなってしまうとみんな極端に神様扱いするようになったというか、原作の個性を強調しまくるようになったというか。
 
 エンタメ作品に対しては、好きになりすぎるのは鬼門だと思うようになりました。普通にかわいいかわいいいうのはもちろんいいんだけど、いつもなら気安くできるツッコミを遠慮するようになったり、あれココ変じゃね?と思ったところを見ないようにするようになってきたら、それは作品との距離がおかしくなってるなってことで、距離をとるようにするんだ。
 此度の「どろろ」も普通にアクションファンタジーとして面白い!けどつい原作に比べてぐっとあがった解像度を比較したくなってしまって、あれこれこだわってしまうようになったあたりで、やや加熱してしまったな〜と思ったのでちょっと手元から離してみるようになりました。それはそれで面白いし、また少し時間おいてみたら多分別の見方もできそうなのでそれも楽しみです。
 2クールの作品ってそのへん見やすくていいな!これからまたぼちぼち見返していきたいです。
1

2019/6/23

カラーズ2019  
 今日はPKSPのオンリーイベントでした。声をかけてくださった方、ほんとにありがとうございました!
 昨夜いきなり思い立ってコピー本を作ってきたのでばたばたでしたが、ほとんど今世紀最初ってくらい突発で絵を描きちらかしてまとめる本を作ったので妙に充実していた…実はプロットをらくがき帳にかいてあったネタなんだけど、思いついた時時間がなかったのでセリフだけ書いて絵がぜんぜん入っていなかったので、後で自分で見返しても何が描いてあるかびたいちわからなかったんじゃ…(だめやん)
 それが昨夜見返してみたら豁然と「そういえばこんなんじゃなかったっけ」とシナプス繋がったので、急いで絵を入れた次第…お腐れていてはばかりますが、私の海馬にもまだ生き残りがいたようです。

 会場ではお財布が許す限り本を買ってまいりました…もうグッズはなかなか手に取りづらいお年頃になってしまったんですが、文具系のはほいほい釣り上げられてきたよ!これから原稿の合間のブーストに堪能させていただきます〜〜楽しみだな!

 それからSNSでは一人で勝手な萌え話やしょっぱい話をジャンルちゃんぽん状態で書きちらかしてしまっているので、そんな雑食屋にも慣れてくれている人以外には敬遠されているな…と思っていたんですが、お初で声をかけてくださった方が何人かきてくだすってすごく嬉しかったです。ありがとうございましたーーー
0

2019/6/21

Tシャツ  
 ハデなTシャツを買ってきました。うれしいな〜
 今年はプト神とかキンカさんとかクラゲ模様とか、ちゃんと欲しい柄のシャツが買えるようになってまことにうれしい。
 おたくあるあるだと思うんだけど、衣料品って流行があるからかもしれないけど、みんな大体同じような柄や風合いのものをどこのお店も足並みそろえて出すような感じで、あそこにいけばなんか変わったものが手に入るかもってことがなくなってきましたよねえ。
 昔はピンハやハモニカやローラアシュレイでは、オリジナルの変な柄で作ってくれてよかったんだけどな(ピンハはデザインがふりきってたからなかなか手が出せなかったけど)
 最近の変な柄ものも、多分小ロットのオリジナルプリント技術が広がったおかげなんだろうな。Boothなんかでも手軽に作れるようになったおたくグッズと同じく。は〜ありがたい…若い頃にこういう事ができたら着たい服がいろいろあったんだけどなあ。ばっちゃになったら顔が不如意ってだけじゃなくて、動き易くないと体力がおっつかないところがとても残念。

クリックすると元のサイズで表示します

 タリーズで出たマラサダ食べてみた。さくさくしてておいしかったっす
1

2019/6/20

準備週間  
 イベントのペーパーとかグッズとか作って箱詰め始めました。プリントバッグも作ったんだけど、あまりきれいにプリントできないなあ。ダイソーよりセリアのほうがオタグッズが充実しているそうなので、今度探しに行こうと思います。

 ちゃまが長年通勤用に使っていたバイクがいよいよ動かなくなってしまった…というかわりと動かなかったのを思い切って乗り続けていたら、雨の公道でぴくとも動かなくなって大ピンチだったとかで、ついに買い替えとなりました。支払い日までにちまちまお金を下ろしておこう…定期解約みたいなのはおろせるけれど、普通口座からだと一括でお金がおろせなくなっているのが厄介な。

庭日記も更新しました。
0

2019/6/13

プロメア  
 映画「プロメア」見てきました。やっぱり中島かずき好きだなあ、あのセンスとテンポの良さ、見ていてほんとに気持ちよかった!

 絵や動画の上手いアニメ屋さんは最近すごく多いし眼福ありがたいんだけど、そういうところって大体画面の解像度が細かくて、リアルに寄せるとどうしても表現の選択肢が一定の幅の中に納まっちゃうじゃないですか。
 前世紀末にCGいっぱい使ったゲームのFF7が近々リメイクされるって画像が出回ってるんだけど、昔の解像度で動きを見え易くするためにされてたデフォルメ(女子キャラの巨乳とか主人公のツンツン頭)がみんな小振りになってるのね。映像がぐっとリアルになった分、判り易すぎる巨乳とかは不自然で動かしづらいんだろうな。
 ってのが、今時のアニメにも多かれ少なかれ現れてる気がして、大体同じような等身や顔の造作、動きの細かさ大雑把さが似てるんだけど、このTriggerのアニメの動きって、昔の東京ムービー新社の動画みたいなギャグマンガが素地のぺったらがちゃがちゃした動きで、それがナンセンスで大仰な話の展開にあっててすごくカッコイイ。

 今回の話に出てくるキャラがみんな男前でかわいいので、もう後半の巻き返しのあたりから声出して笑いながら見てしまった…声だしても大丈夫なくらい、みんなやかましく絶叫していてものすごノリがよかったんだよ!おもしろかった〜〜!!
 もっと早くに行けばよかったと反省。堪能しました!!
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ