2019/7/19

放火事件  
 昨日、京都アニメーションの製作スタジオが放火され社員33名が死亡、けが人多数。
 あんまりいたましくて泣けて仕方ない。

 東京から京都に引っ越したアニメーターが、近所の主婦らとアニメの下請け会社として立ち上げたのがはじまりだそうで、保育スペースもあり若い世代の育成にも力をいれていて、とかくアニメーターの収入が不安定になりがちなアニメ制作会社の中でも(ジブリでさえもしてこなかった)生活がきちんとできる固定給を保障してた業界屈指のホワイト企業だったそう

ちょっと前の日記で書いた「大作家は教育者と同一じゃないと思う」のと逆で、チームを育てようという場を時間と手間をかけて作り上げてきた人たちだったと思います。

 なによりあの時間みんな社内に揃っていたってことは、仕事で絵を描いていたんだろうな、どんだけ無念だったかと思うといたたまれない

 最近見た作品は映画「声の形」と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」でした。女性の髪のおくれ毛や紙が落ちる様子で風の強さや行き先まで見えるような細やかな画面がすばらしかった。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ