2019/8/20

パブコメ締め切り  
 水道民営化のパグコメ募集が7月22日から今日の夜までという情報が15日あたりにSNSで話題になって、いつの間にーーとあわててサイトに行って反対意見を並べてきた。

 水道と直接関係ない話なんだけど、ずいぶん前に読んだ本で「没落する文明」(萱野稔人・神里達博)って対談形式で経済とか哲学とかいろんな社会科話する本なんだけど、中に日本列島の地震の活動期の話があったのね。日本は地震が多い地域だけど、やっぱ活発な時期と安定期が分かれてて、ここ100年はぼちぼち活動期に入ってるからインフラ対策したほうがいいって話。

 鹿児島の人にはあったり前な事かもしれないけど、関東者には想像もつかない「火山灰の厄介さ」があって、もしも大きな噴火(F山とか)噴火した場合の想像がえぐい。

 都市が火山灰に覆われた場合社会は確実に窒息するよ、大雪を想像してみれ、20センチ降り積もったらもう交通は麻痺して流通は滞り大騒ぎになるじゃろ、火山灰は溶けない雪だと思いなはれ。しかも水源地に降り積もった場合水は飲めなくなるし送ることも出来なくなる、農業が壊滅する以前に、町に溜まった灰を除去する方法はない。

 要はその地域から避難するしかできることはないんだ、非難ができるのなら。
 それでやっぱり一番影響を受ける水の問題(灰を洗い流すのがどれだけ大変か)だろうな…とぼんやり思ったので、今回連想した次第。

 ライフラインは当事者が管理統括するしかないと思うんだ、どんなに面倒が多くて手間がかかって厄介でも。それはみんな生きるための厄介さであって、かつて為政者や官の人が尊敬されていたのはそれを維持する力があったからだと思うのね。

 今日は最終締切日ってことでトレンドにもでるくらい話題にあがっていたけれど、やっぱりいつもの通り「これは政党の攻撃でデマだ」って言い募る人も出てきて、こういう活動を熱心にする人にとって外せないことなんだろうな。

 ずっと前に絶交された友達を思い出して切ない。その人とは以来会っていなしその後の話も聞いてはいないのに、その人と同じような活動をしている人はSNSにちょいちょい同じような意見をあげてきていて、そのたびに思い出してしまうから、これは単純に勝手で個人的な胸糞なんだけどスマン
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ