2019/11/12

咀嚼しないこと  
 前にのんちゃんと話ていた時に、「人あたりはすごくいいんだけどびっくりするほどリテラシーのない、話の通じない」人の話になって、同じ事件についてなんでああも180度逆の解釈ができるのか不思議だ…と言ってたんだ。
 それはもしや、TVのアナウンサーとかキャスターの意見を鵜呑みにするタイプなんじゃ?と思った。

 個人的に今のTVニュースでイヤだなあと思うのは、ニュースの前後につくざっくり解説とか記事を締めるキャスターの一言が変にゆがんでいるからなんだよなあ。
 てっとり早い例だと、世界の今の問題ってテーマでルーマニアの医療崩壊危機についてやっていた番組、解説の言葉で「若い医師は自らのスキルアップの為、海外の病院に流出する」と言ってるんだけど、その後流れる現場の医師や自治体の人の声は「治療するのに必要なお金が、現場でまわる金額ではまかなえない」「結果医師は収入が少なく過剰労働に常に晒され、過労死も多い」ってどう見てもスキルアップの為じゃなくて危険な場所から逃げてるだけじゃん命を守る当然の行動じゃん…
 あとは香港のデモの件、「暴動のせいで市場は混乱し、香港で働く人々の間からも疑問の声があがっている」って解説のバックに流れている映像は、警察が逃げ惑うデモの参加者を一人づつ捕まえてはタコ殴りにしたり、バイクで後ろから追っかけて轢いたりするものすごい絵面なんだよな…しかもデモ参加者は若者というより金融街のホワイトカラー(わりといいスーツ着てる)達だったりして、何一つ解説と状況が一致してないんだけど…

こういう編集を見てモヤモヤするのは、自分が絵とか映像つくる側だから(設定と内容が合っとらん)とかのんちゃんやその周りの人たちが編集者や文筆家だったりするから(表現が稚拙すぎる)なのか?反射的にヤダ!と感じるのでは…と思ったんだけど

 その「話の通じない人」はいろんな情報をすっとばして、キャスターのセリフだけを「真実」として受け取っているんだろうな。
 そんで案外そういう人は多いんだろうね。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ