2020/2/20

流行服とは何ぞや  
 久しぶりにちびちびと買い物に行く。ちょっとはこじゃれた服を見繕おうよと言っていたのに、なぜか選んだのが妙な柄のシャツとパーカーでした。なんだろう、女の子ってもっと流行を気にしたり浮いたら怖いとか心配するものだと思っていたんだけど。

 それで思い出したんだが、昔のんちゃんがコミケで売り子を手伝ってくれたときに話してたんだけどな。

「一昨日仕事で横浜赤レンガにいったんだけど
「けっこう賑わってて若い子がたくさんたんだけど、みんな制服のように○○○○(当時の流行ファッソン)を着てるのよ。
「新宿とか渋谷みたいにガチの街中だと、いくら流行っていてもちょっと多めとか何人か見かけるな、ぐらいなんだけど
「近郊の繁華街とか観光地になるとみんな同じ服装になるんだと、発見した訳だよ。」

「なるほど、それは世間話なの?」
「ちがう。この会場に入って3時間、その服装の子が一人もいないことに驚いている。」

 ああなるほどな!コミケにくる人は流行から遅れたら怖いって思うより、自分の推しが流行から外れてたら流行の方が寄ってくるべき!みたいなパッションがあるからな〜。
 みんなオサレしてない訳じゃないんだよね。気合はいっている子も多いし、マジ可愛いパネエって人も、あっ原稿明け…(察し)って人もあり。
要は流行以外のモノサシ持ってる人が多すぎるんだろうね。オタクのそういうところは好きだ。

 しかしちびちび、そういう服ばかりになっては困るから、もうちょっと女子っぽい服も開拓してくれと思うよ!
0

2020/2/17

映像研には手を出すな!  
 NHKでやっている深夜アニメ「映像研には手を出すな!」が濃くて面白い。
 女子高生がアニメを作ってるだけの話なんだけど、その「作ってる」部分がものすごリアル。
 昨日は動画の人の話だったのだけど、1話中何度も水の表現が出てきて(湯飲みの底のお茶、降る雨、排水溝に流れる水、銭湯でのあれこれ)その豊かな映像表現の中で、描いている人の思いいれや拘りが語られる。描くことが好きな人にとって、たまんない話だな〜!と思った。

 小さい頃、アニメーションはただ線で表現されただけなのになんで実写に比べてこんなにときめくんだろう?と不思議に思ったことがあるんだけど、作中でアニメの作画は製作者が全て意図して描いたものってセリフがあって、なるほどあれは誰か人間の理解や知識を潜り抜けた上で描きたいと選ばれた線・表現だからなのかと納得したよ。

 普通のJKアニメに基本装備の、みんなで仲良く可愛いつきあいってのが一切なくて、80年代のアニオタかよ…な外見と喋り方で、だけどお互いを尊重しあって自分の守備範囲に愛と思い入れを籠めて戦うとこがすばらしい。
 一人、美術部で背景を描く担の男の子がすごくイヤなヤツに描かれてるんだけど、彼も暴言を吐いたり悪い事を企んだりする悪人ではなく、ものを作るよりも自分の方が好き、楽したいやりたいことだけしたいっていうよくいるタイプで、その彼がぐっと浮いてしまうぐらい他の面子が「作ること」に愛着を持ってるのがにじみ出ていて面白い。


 しかしなぜかこれを見た後「その拘りをなさなかったもの」を思い出してしまうんだよな…今回は異世界スマホとか痛いのは嫌なのでだった。バストショット正面顔2人横並び・斜め上から見下ろすロング絵・遠景のランダム入れ替えで進む画面構成…すまん
1

2020/2/14

スキャンダルが要る季節  
 歌手の槙原敬之が覚せい剤取締法違反で逮捕されたニュース、昔捕まった後でえらい苦労して坂本教授とかずいぶん復帰に尽力しまくったから本人も決意は半端なかったろうに。と思ったんだけどな、ほんまかい。

 東京弁護士会の話だと、逮捕時点で薬物は見つかっておらず、14日時点で尿検査等で陽性反応が出ておらず、本人が認めておらず、2年前に同居人が持っていたことを理由に逮捕されているだけだって。
なぜ再犯を犯したのかとか、薬物は抜け出せるかとか、判決予測とか、何かを論じるにはまだ早すぎるとのことです。酷い話だな。
 こんな条件でも逮捕されてしまうのか。
 世の中には中国マフィアから金を貰って接待を受けてカジノ誘致に便宜を図ってそれが全部バレて物証も晒されたにも関わらず東京地検から無罪放免された議員さんもいるっていうのに。

2

2020/2/9

コミティア参加  
 本日コミティアに参加してきました。お越し下さった方、どうもありがとうございます〜!!

クリックすると元のサイズで表示します

新刊は庭本だったんですが、撤収時に最後の1冊が出てくれたのでなんとか完売しました。よかった…… お隣のUMIN'S CLUBさんも沢山お付き合いくださって楽しかったんだ〜ありがとうございました!
 イベント後は2駅隣の天王洲アイルにある画材屋さんというか絵の具屋さん?「Pigment」に行きました。神谷さんが連れてってくれたのだけど、顔料や筆や日本画道具などてんこもりで眼福でした。ビーナスフォートに行って晩御飯食べた後でふらふらと吸い寄せられた理科系のお店であやしいメンダコとか周期表とかのグッズをお土産に買って帰宅。
 たくさんつきあってくだすった神谷さんときむるさんありがとうございます〜!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 観覧車に月がかかってきれいだった。
2

2020/2/1

ホームページのこの先  
 奥山さんちのサイトのプロバイダのアドレスがちょっと変わったと聞いたのだけど、リンクがそのままでちゃんと繋がります、謎だな?でも後で修正してきます。

 ところでこのサイトも15年くらいゆるゆる稼動しているのですが、もしかしたらプロバイダ変わってしまうかもしれなくなりまして(月末あたりに決まるらし)その際イチからホームページを作るのも今のご時勢厳しいかもしれません。
 ということで、ピクシブにブログとツイッターをまとめたものにしてしまうべしかと検討中です。通販はBoothの作法で一括にしようかと…。
 自家通販の方が複数冊まとめて送料を抑えられるところがいいなーと思っていたのですが、思えばもう以前のように短いスパンで本を出しているわけではないからいいかな?と思いまして。
 色々変わるとしたら春からになると思います、5月のコミケの後には落ち着いていられるよう、検討してみます。

 ピクシブの方はオリジナルも二次創作もちゃんぽんになっていて、まことに整理整頓がなっちょらんのですが、便利なタグも着いているからどうかよしなに分別して… ああしかし地味画面好きとしてはホームページのゆる〜〜く事務的で容量がめっちゃ軽いこの画面、気に入ってるんだけどな、とほほ。

 覚書にしていた発行本のデータだけ残しておけないかやってみます…もうこの先そんなにページが増えることもないと思うんだけど…わかんないな、人間どこで沼に落ちるかわからないので(落ち着かない)
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ