2020/2/23

推理小説波  
 今日は久しぶりに山の家に行って手入れしてきました。冬の山は北風が強くて大変だけど、温暖化恐るべしなのか、凍りつくほどの寒さではなかった…おばばと久しぶりに本の話をしてきました。TVでやっている海外ドラマ「刑事モース」が面白いよ!というので、うちでも楽しみにしてますコリン・デクスターの本ならここの本棚にあるよ!(姉が前に買ってた)つって掘り出したら持っていったもよう。
 昔推理小説の波がきた後に、図書館でぞろぞろ借りていたんだったよ…本は読み返しができるけど、海外ドラマの推理モノって面白いのが多いけれど、実はほとんど再放送しないな!?という事に気がついたのがわりと最近になってからなので、思えば惜しいことをしたものだ…

 ところで推理小説の波って最初は学生時代のシャーロックホームズの後エラリィ・クイーンで打ち止めになって、その後伯母さんが翻訳をされてたレジナルド・ヒルがチャッカマンになってちょうど新潮がクリスティの本をがっつり出した弾みで第2弾がきて、その後が京極夏彦から日本の推理小説にはまって江戸川乱歩まで突っ走ったんじゃった。
 波の間には時代劇波とかSF波とかがはさまるので、おたくの二次創作萌えみたいに時期が覚え易いなあ。

庭日記を更新しました。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ