2020/3/27

差別と知識のこと  
 北海道の大学で、最初に感染した女性教授を大学側がくそみそに攻撃していたら、そのうち地域の人がその大学と関連の学校の生徒たちを罵倒したり、えんがちょ差別を始めて、大学側がメディアに苦情を呈していたニュースを見る。
 暗澹としてしまうけど、最初にターゲットを出して差別をして見せた大学側が悪手だよな…

 逆に、阪神の藤浪投手がプロ野球選手の中で最初の感染者になったんだけど、球団が名前を伏せようかと提案したのに対して「罹った自分が症状を発言すれば、いろんな人の参考になる」つって公表したそうな。
 「コーヒーの匂いがしない」「みそ汁の味がわからない」「熱やだるさはないけど違和感があったので検査した」ってとても具体的に話してくれて、まさに症状が出ないで拡散してしまうタイプの人の注意点を伝えてくれました。
 ウィルスについての情報をちゃんと調べていて、自分の体の管理もしていてすごいってダルビッシュが褒めてたけど、前の大学と逆の対応だなと思った次第。

 心の準備ができていなくてテンパって、被害にあった人をケガレ扱いして叩いていると、自分の外から同じような態度をとられてしまうんだろうな。

 患者をケガレと見るか、未知のウィルスを知るための対象と見るか、軽々しく非難やら差罰なんぞしてる場合じゃないから冷静になれねばな!と自戒も籠めてメモメモ。
 
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ