2020/5/11

次の波が怖い  
メモ

昨日NHKスペシャルで新型コロナ特集。
WHOの進藤奈邦子医師が、日本の対応を成功と褒めていた。
たしかに大規模な死者は出ていないのだけど、これはほんとかなあ、どちらかというと現場の医療従事者がかなりふんばってくれている・職場放棄がまだないのが大きいとか、感染症への生理的な恐怖感を抱きやすいお土地柄で個人の防疫行動が強いからな気もするんだよな。

原発事故の時だって、原子って目に見えないものなのにベランダの花粉を見て恐がったりよそから来た人へのバッシングがあったりしたから。
温暖多湿な風土の日本って、ケガレ・クサレに対する恐怖感(清潔志向)がデフォであると思うんだ(個人的妄想)。

どちらかというと今必死に戦ってる医療関係者が、いったん流行が収まって数ヵ月後に第2波(弱めの武漢型が第一波で致死率高めの欧州型が第二波なら次は第三波になるんだろうけど)が
きた時に「もう無理」と立ち向かえなくなってしまう状況になりはしまいか。
次の波の方が私は怖い…

ところで、スピード感を持って全国民に配布を約束されたアベノマスクは、1ヶ月以上たってもまだ届かないね。と軽口をたたくのも嫌になるくらい、多分お役所は忙殺真っ最中なんだろうな。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ