2020/11/28

英知を集めて出版社  
 ジャンプSQでやるちうヘタリアの作家さんの新作、極右のプロパガンダなの?と震え上がってるんだけど、集英社はどうしちゃったの。
 ヒロアカの時は海外での商売のためか作家にひかせていたけど、今回の問題はキャラの名前がどうとかのレベルじゃないでしょう。
 個人的にヒロアカの件は本当にキャラの名前に障りがあったわけじゃなくて、ヒロアカのアニメが香港の市民運動の精神的な拠りどころとして推されていたのに水を差すため、作者をレイシスト批判した言いがかりだと思ってるんだけど。だとしても集英社はその辺理解した上で無難に引く対応をしたのかと思ってたよ。
 いくらなんでも、日本の政治がそろそろ本気でまずいんでは?って流れになりかかってる時に、泥舟にお泊りセットかかえてうきうき乗り込むようなおぼこい事するような会社じゃないと思ってたんだけど違うの?
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ