2021/1/7

テロとカルトの思い出  
 ネットニュースでトランプ大統領のツイッターやインスタが凍結されたと出ていて、やれやれ権力の座から降りると鼠も船から逃げるみたいな話かな?と思ったら、それどころではなくて、米議会が大統領に煽られた支持者によって占拠され議事堂が荒らされ議会も中断という動乱になっていたとのこと。
 アメリカの議会にとって、ある意味歴史に名を残したなトランプ大統領。

 私は主に日本のメディアでしか知らないけれど、トランプ大統領の行動や発言を面白おかしく揶揄したり妙にもちあげたり、挙句の果てにはさすがトランプと謎の褒めちぎりを何度も見てきて、何か既視感を覚えたんだけど、これはアレだ

オウム真理教。

 薄気味悪いと無視したり、変わった人たちだと面白がったり興味本位にメディアに引っ張り出して、更に政治に打って出ようとしてきた。さすがに当時の都民はそこまで認めたりはしなかったけれど、その報復に毒ガス無差別テロが行われて沢山の人が惨い死に方をした。
 日本は、911よりずっと前に、都市部でのテロを経験していて、それはカルトっていう危険な状態に対して、無自覚無批判でいたせいだったというのをもう忘れてしまったんだろうか。

 おもろい金持ちのトランプとかパンケーキの好きなおじさんとか、キャラを持ち出してそれを自分達の頭の上に置くことの危険性を、思い出したほうがいいんじゃないのか。

3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ