2006/10/2

順延  
 昨日は早引けできてよかったとか吹いていたわたくしですが、大事なことを失念していました。
 幼稚園運動会、朝の一部のメニュウしかできなかったので、来週改めてやり直すという通達を頂いたのだ。
 ………って土曜日だよ!イベントと当たるじゃないかー!
 去年の事を考えると、まあありそうな話だったんだけど、イベント申込みの時は運動会順延なんて、びたいち考えていなかったのだ。うっかり。
 いやまあ、土曜日も更に順延してくれれば何とかなるのだけどな。これはちょっと不謹慎か。
 手元に揃った原稿を、さてどうしようと思案中です。
 当日雨っぽかったらコピー本を作るか。でもすっきり冬に延ばした方がいいのかな。いっそミニミニ京極本でも出すか(待て)

 という訳で「邪魅の雫」読了、個人的に前の瑕より面白かったです。やっぱり拝み屋さんの活躍する場は、情報をよっくシェイクしまくった環境の方がきらめきます。

 

 ネタバレも含んでるので一応伏せます。

 益岡さんや青木さんが地道に実直にがんばって、完成まで至らずとも素材を全部かき集めるところに、感情移入できたのだ。
 探偵や拝み屋さんの登場は如何にも唐突な感じで、なんだか業を煮やした読者が作中にちょっかいを出したような印象まで受けてしまったんですが、でもやっぱり「嘘の混じった沢山の情報」を整理するには、この二人が出てこないとできませんもんね。

 被害に遭った人々がとにかくひたすら気の毒なんだけど、加害側はなんだかみんな、世界の中心で愛を叫びまくっているうちに周りをどつきはじめたような人々で、何ですか、恋愛や執着でこんなにぼけなすびになってしまうものなんでしょうか!宏美ちゃんも変だけど、彼女の周囲も変人銀座だよー。
 さて雑貨屋のなべばあちゃんのセリフを、ついついトトロにでてくるカンタのばあちゃんの声で読んでしまいました。とてもしっくり。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ