2015/8/30

編集心得  
 ネットのニュースで少年サンデーの新編集長さんの話が話題になっていました。

 “週刊少年サンデーは今後、生え抜きの新人作家さんの育成を絶対的な使命とします ”
“多くの連載作品が誌面を去り、代わりに才能溢れる新人・若手作家さんが次々と誌面を賑わすことになります ”
“この改革の中枢として、新人賞の一次選考・新人作家さんのデビュー読切りから大ベテラン作家さんの新連載企画にいたるまで少年サンデーの「漫画」に関るすべての意思決定は編集長である僕がただ一人で行います。僕の独断と偏見と美意識がすべてです。 ”

 さて出版社に関してはいろいろ思うところがあるけれど、この編集長の主張だけ見るとなんだか同人誌みたいだなと思ったわ。
 一人の趣味と独断と偏見と美意識に絞れば、好みは純化されるけど、1人分の好みでしかない分、極端にお客さんを絞ってしまう結果になるだろうな。同人誌だったら、作り手の身銭を切って絞って作り出すものだからそれで売れてもコケてもありだけど、会社のお金と複数の作家さんを目当てに払われたお客さんのお金を集めて作る商業誌でこれをやるのは普通に図々しくね?
 問題提起はエライと思うけど、文章を見る限りこの運転手は免許もっていないのではという不安がもりもり。

 庭日記に夏写真を上げました。庭とは関係ないけれど、邑の雰囲気をアップということで。
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ