2016/3/22

カムイ外伝  
 ペン入れ終了。修正作業にはいります。漫画のラスト頁とその向かいに当たるあとがきのカットに似たような椅子を描いてしまって膝をついています、どんまい!

 最近ちゃまがTVのアニメチャンネルだけではあきたらず、時代劇チャンネルのアニメ特集まで撮るようになりました。サスケとカムイ外伝ですよ、懐かしいな。

 昔は白土漫画とひとくくりに考えていたけれど、今見るとサスケよりカムイの方が脚本が上手いような気がする…続き物と1話完結タイプの違いかな?と思ったけど、あの動かしづらそうな白土絵で画面をもたせながらきちんとエピソードをダレずにいれていて、とても見やすかったYO!

 中学生の頃単行本でカムイ外伝を読んだ時は、平和な時代だったら体力も技術も情もあるイケメンのナチュラリストで弱点なしなのにかわいそうだなあとしみじみ思ったのよね…。
 でもその後未完で終わってしまったカムイ伝(非人出身で忍者になったカムイと正助くんて農民の子のダブル主人公の話、名前うろ覚え)を読んだら、カムイがそもそも抜忍になったのもとことん追われるのも、幕府の最高機密を知ってしまったからというエピソードを知って、これは平和な時代でもよくある構図(CIAに追われたりバチカンに追われたりするサスペンスもの系)だったわ…と思いました。まだ忍者の特殊技能持っていてよかったね。

 ついでに個人的にアニメのガタイのいいカムイもいいんだけど、原作白土絵の中性的なカムイのがちょっと好きだったなあ。非常識な強さとのギャップが際立ったから。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ