2016/6/23

鯉の幻  
 私はまんが描くの好きでながなが描き続けているけれど、しみじみ恋愛ものを描くのが苦手だと思い知ることしきりであります。読むのは普通に大好きだし、小さい頃少女まんがを読み始めたのも「りぼん」の恋愛もの三昧なラインナップからだったはずなのになあ。(それ以前はチャンピオンだった)
 しかしBBAになって思うんだけど、恋愛って相性とか運命じゃなくて、体質なんじゃないかな。

 人生で知り合った人の中で、恋愛をする人は、恋愛ができる素地を持っていると思う。それが単純に体質なのか経験から培われたものかまではわからないけれど、そういう人の考え方を私は「おお可愛い」とか「萌え」と思いはするけれど、自分にはない反応だと思っているんだわ。
 昔は自分の感度が超低いだけかと思っていたけど、わりかしそういうタイプって友達にもいて、恋に悩む人と恋を傍観する人はそもそも住み分けされているとな。

 映画でも文学でも果ては哲学においてさえも、恋愛はまるで性衝動みたいに万人に宿る感覚として扱われているようだけど、それは幻なんじゃないかと思う。

 ちょっと前まで、子供を産んだ女性には必ず母性が宿ると信じられていたけれど、ぶっちゃけホルモンのバランスだの経験からくるトラウマなんかであっさり消えてしまう人だって少なくない、と判ってきたじゃないすか。

 昨今、恋と暴力を読み違えてきゅんきゅんしちゃってDVに嵌ってしまう子の問題を耳にするし、ちゃんとした恋をしなければ結婚したくないと嘆く話も聞くけれど、BBAは待てと思う。

 恋はオプションであって基本装備じゃないYO!
 だから美しい恋愛は憧れの対象であって、それが失敗例(悲恋)であっても語りつかがれちゃうんジャマイカ。

 という持論を永くハラに抱いていたんだけど、なかなか吐き出す機会がなくってだな。
 別に恋愛全体を否定するつもりじゃないんだ、でも恋愛はする人しかしない(……)。と言われて不快に思う人も少なくないと判っちゃいるんだ。
 だからこれは正しくBBAの繰言と思っておくんなさい。

                         

 ペーパー作成、色紙も仕上げました。去年は1人絵だったから、今年は3人組など。やっぱり難しい〜〜。

クリックすると元のサイズで表示します

 ちびちびの体育祭は順延になってしまったので、明日もお弁当か!しまった冷蔵庫にサバしかない。と慌てて買出しに寄りました。
6

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ