2016/7/22

Life of PI  
 DVDで映画「Life of PI」観ました。
 ベンガルトラと漂流した男の話。今頃なんですが、とても面白かった!
 超限定環境・超ストレス状況下で、だけど種の壁をものすごくきっちり描いているところが特によかったっす。ぬるめな擬人化の対極ですな。
 男にとって恐怖の対象だったトラが、トラに食べられないためにトラの食料を確保するべく奮闘するうちに、生きる張合いみたいになっていくくだりがほろ苦くもかっこよし。合間に光る海やファンタジーな島に出会うのはご愛嬌だけど、画面に潤いがあってまたよし。
 ついに陸地にたどり着いて、だけどトラが振り向かずに去ってしまった時の人間の悲しみと、振り向かないからこそ生きていけるトラの対比がこれまたよい。
 総じて、世界(海)に対してヒトやトラの小ささがとても美しく淡白に描かれているのが好みでした。面白かったYO!
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ