2017/4/25

金銭感覚  
 どちらも似たご家庭は多いと思うのですが、うちのちびちび幼い頃は金銭感覚がなくて、電車といえば新幹線、(停車駅だったので幼児期の移動はまずこれだった)平気で自販機の飲み物を買い、お祭りのテキ屋さんにぼられても気がつかない系でした。
 しかし成長とともに煩悩とか物欲と、手持ちのお金のバランスという問題に気がついてくれるようになりまして、今ではJRのとくとく切符の関してはおとんを凌ぐ勢いで知識を収集しています。やっぱ地方者はなにをおいても交通費が大きいからな〜。

 その交通費をかけて上京するも、目的はビッグサイトだったり池袋だったりする訳です…念のため、私は特に指南していないのよ!おおむね部活の先輩から受けた薫陶のおかげですから!

 しかしその道にはまってからは、イベント行きのために資料を集めて旅のしおりを製作して(入場に必要なパンフは1200円だけど、パンフ1冊にしてあとの2人は入場券にすれば1100円、ワリカンしして66円お得、一般列に並びながらチェックすれば別行動できる、などの)裏技や時刻表をまとめてプリント作ったりしていました。すごいぞ!ピンポイントな熱意だけど!

 要は経費をできるだけ安くがんばって1冊でも多くうすいほんを!という事らしい、初参戦の時まだ休日おでかけパスの存在を知らなくて、帰りの交通費が心配で本を買いきれなかったのを未だに悔いているのでした。

 ニュースで「密林で現金やスイカを額面以上の値段で入札、禁止対応」というのを見てぼやっと思ったのでメモメモ。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ