2007/2/23

白雪姫雑考  
 ちびちびのお気に入りで、読み聞かせ用のいろんな話の載っている本があるのですが、これに収録されている「白雪姫」ロングバージョンを、今日初めて読みました。
 お妃さまが毒林檎を持ってくる前に、胸の紐で絞め殺したり毒の櫛で刺し殺したりしていて、ずいぶんだなあと思うのですが、通しで読んでみると、もうお妃様なんかより遥かに恐いのが白雪姫でした。
 なにしろヤってもヤってもむっくり起きあがって「どうしたのかしら、あたし…」とか言い出すんだから、生半可な怪談より恐い。お妃様は後半、鏡の言い分よりも白雪姫の超常能力に恐怖して闘いを挑んだとしか思えません。
 思えば夜のように黒い髪とか血のように紅い口とか、生まれる前のまじないからして、ちょっと暗黒系であったなあ。
 そんな訳で、今日の私の頭の中にはがっつりゴスロリ系でキメまくった白雪姫がおります。こんな戦闘少女が攻撃アイテム(王子)なんかを手にした時の王妃様の驚愕は、いかばかりであったことでしょう〜!

 なんてぼんやりしている場合ではないか。ちびちびもおやびんも、なかなか布団で寝てくれないので、いつまでたっても机に向かえない週末。うーん。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ