2010/2/21

赤毛のアンのこと  
 髪を短くしたちびちびが、どーしてもカチューシャをしたい。というので、買い物に付き合いました。
 こんな短い髪にわざわざそんな…と思っていたけれど、髪を切った原因がさっきわかりました。
 図書室で借りてきたジブリ絵本の「赤毛のアン」のせいですな。短く切った髪にリボンをするシーンがあったよ。
 まったくこんな小娘の心を掴んでしまうとは、恐るべしアン!

 しかし私は小説のアンを読んだのが中学生になってからだったせいか、どうにも面白いツボがわからなくて、アニメ化された時も画面の美しさは大好きだったけど、どうしても話が冗長に感じられて、なかなか最後まで見られなかったクチでした。
 だけどこの子供向けの本にすると、子供のむやみながむしゃらっぷりとか大人のミもフタもなさっぷりが面白おかしく読めました。そうか、アンとマリラはボケとツッコミだったんだね。

 しかし今この年になると、アンの濃ゆいおたくっぷりが痛痒くてもう小説は読めますまい…なりきりとかコスプレとか萌え語りとか、もうどんだけ中2病満開なのよアン。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ