日蓮『神国王御書』を読む(1)

2016/8/31 | 投稿者: ghost

<<前回のお話

夫れ以れば、日本国を亦水穂の国と云い、亦野馬台、又秋津島、又扶桑等云云。六十六ケ国、二つの島、已上六十八ケ国、東西三千余里、南北は不定なり。此の国に五畿、七道あり。五畿と申すは山城、大和、河内、和泉、摂津等なり。七道と申すは東海道十五箇国、東山道八箇国、北陸道七箇国、山陰道八ケ国、山陽道八ケ国、南海道六ケ国、西海道十一ケ国。
(引用者が適宜句読点を補った、以下同)

『神国王御書』は上引用の書き出しに始まる。要するにこれは、日蓮が認識していた日本の国土の定義、ということになる。

前稿でも触れたように、本書は駿河国上野郷の地頭であった南条時光宛の書状であったとする説が有力なのだが、想定執筆年次の時点で時光は16〜18歳の若者であった。彼は7歳で家督を継いでいるので、この年齢から彼の精神年齢を過小評価すべきでないと思うが、一見すると、次代を嘱望される若者に対し日蓮が自身の知識を継承せんと諭しているような書き振りであり、この仮説を裏付けているようにも見える。

一方で、このような国土観が当時の人々にとって一般的なものであったか、という点には注意が必要だろう。

たとえばこの時光に「あなたはどこの国の人ですか?」と問えば、その答えは疑いなく「駿河国」であったはずである。対する日蓮は、本書に限らず“国”といえばまず第一に“日本”を単位に考えていて、これに大陸の“唐土”や“蒙古”を対置しており、国土というものを捉えるスケール感が異なっていることは明らかだ。当時としては、特に蒙古襲来が人々に広く知られる以前は、彼のこのような感性はかなり特殊なものであったろうし、下手をすれば日本は六十八ケ国から成っている、という認識を有しない人の方が圧倒的多数派であったとも考えられよう。

ちなみに、この六十八ケ国という数え方、五畿、七道を基準に考える枠組みは、今日において“行基図”と総称される中近世の日本地図のそれと正しく一致しており、日蓮自身の知識の源泉もおそらくはそこにあったのだろう、と考えることができる。なお、彼の生涯を通しての移動の軌跡を辿れば、東は下総国(千葉県)、北は佐渡国(新潟県佐渡島)、西は山城ないしは摂津国(京都府)、南は紀伊国(和歌山県)あたりまでであり、必ずしも彼自身はその国土観を実体験していたわけではない。


次に示されるのは日蓮の歴史観、日本史観ということになる。

国主をたづぬれば、神世十二代は天神七代、地神五代なり。天神七代の第一は国常立尊乃至、第七は伊奘諾尊男なり、伊奘册尊妻なり。

これまで幾度となく拙稿中で指摘してきたように、基本的に日蓮は、日本という国を「天皇が支配する国」と規定している。上引用部に始まる節でつらつらと述べられるのは『日本書紀』が示す日本国成立の神話そのものであり、彼が意識的に読み手を欺こうとしているのでなければ、彼自身もまたその神話を信じていた、というのが素直な解釈になるだろう。

いや、これは日蓮が「このように言い伝えられている」と取り上げただけなのであり、彼自身が神話を言葉通り受け取っていたワケではない、とする読みもないではないが、仮にそうだとすれば、歴史を語り始めるのに国常立尊まで遡る必要はないのであり(事実、『諫暁八幡抄』では神武帝から話を始めている)、また、読み手の立場からすれば、師たる日蓮の言葉は“皆是真実”と受け止められることは日蓮本人も百も承知であろうから、敢えて神世十二代に触れる必要はなかったはずである。

ただ、注意を要するのは、ここで日蓮がとして列挙し想起しているそれらが、今日の我々が同じく“神”という言葉から想起するものと同じであるか、と問えば、ここには疑問がある。これについては、後ほど彼自身の“神の定義”が開陳されるので、その段になって再検討することとしたい。

以下、幾柱かの神名が列挙されたのち、話題はいわゆる天皇の時代へと至る。

已上十二代は神世なり。人王は大体百代なるべきか。其の第一の王は神武天皇、此れはひこなぎさの御子なり。

まず彼は、人王=天皇について「今の天皇はだいたい百代目ですかね」とアバウトな認識を示している。が、続きを読めばわかるように、彼自身はもちろん本書執筆時点で在位していた天皇が、当時の数え方で90代目(明治になって85代に仲恭天皇が挿入されるので以降は1代ずれる)に当たる後宇多天皇であることをちゃんと認識していたはずだ。にもかかわらず、ここでアバウトな表現が用いられているのは、疑いなく“百王説”が彼の念頭にあるからだ。

一般に、鎌倉新仏教の祖たちのモチベーション、オブセッションとしては第一に末法思想が挙げられるのであるが、こと日蓮に限って言えば、この百王説が大きなウェイトを占めていたように思われてならない。まぁ、そもそも百王説自身が末法思想の日本的変奏曲として生まれたものであるから、当然と言えば当然ではあるのだが、思想の系譜としては神道の文脈に位置づけられるものであり、今日の日蓮信奉者が彼を仏教の純粋無垢な継承者として考えたがることと、彼自身の百王説へのこだわりようの間には、少なからぬ齟齬が生じていることをここでは指摘するに留め、詳しくはテキスト中に再登場した際に改めて触れることとする。

以下、初代天皇としての神武帝がひこなぎさの御子、すなわち地神五代の末を飾る鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)の子であるとして紹介された後、十数代の現代史学上もその実在が怪しげな天皇をスッ飛ばして、我らが八幡神が登場する。

第十四は仲哀天皇、八幡御父なり。第十五は神功皇后、八幡御母なり。第十六は応神天皇にして仲哀と神功の御子、今の八幡大菩薩なり。

八幡神を応神天皇と同一視する枠組みは、本質的には間違っているが、当時としても、また今日的にも通用してしまっている観念であり、少なくとも日蓮にはこの欺瞞に気づく機会があったはずだが彼自身は気付かなかったようだ、ということは既に論じた通りなので繰り返さない。なお、今日において神功皇后は歴代天皇に数えられることはないが、鎌倉時代には彼女を第十五代天皇と捉えるのが当然であった。

むしろここで注目したいのは、八幡神=応神天皇説に付随して、応神天皇=誉田別尊(ほむたわけのみこと)を身籠ったまま三韓征伐をおこなったとされる神功皇后に言及されることは今日においても一般的なものであるが、意外に父親に当たる仲哀天皇が共に語られることは少ない、という点である。これは、神話上仲哀天皇と神功皇后は三韓征伐の方針を巡って対立する敵同士でもあり、かつ仲哀天皇は神の怒りに触れたために夭折したことになっているから、と考えるのが妥当であり、これは他ならぬ記紀神話に書かれた話であるから、当然日蓮だってそれを承知していたはずである。

が、日蓮はこの慣例(?)に逆らって仲哀天皇と神功皇后を併置し、応神天皇の父母として紹介するということを敢えてやっている。そもそも、次節にて仏教伝来と合わせて取り上げられる欽明天皇に至るまでの三十代の中で、仲哀・神功・応神の三天皇のみに言及していることを含め、ここには、何らかの日蓮の選択的な意図が働いているはずだ。

以下、本書において日蓮は、今日の我々もよく知る記紀神話〜六国史の記述から自説を立証する体を採りながら、いくつかの部分で敢えて特定の事柄を強調したり(上にみた仲哀天皇の例がそれ)逆に無視したりすることで、恣意的な結論を導いている疑いがある。つまりこれは、現代的な表現を用いればある種の“歴史修正主義”ということになろうかと思うが、無論、鎌倉時代の制約の中を生きた日蓮を、今日的な知見で以って「この歴史修正主義め!」と断罪することには何の意味もない。

本書を読むに当たって重要なのは、この日蓮に垣間見える歴史修正主義的な傾向を踏まえた上で、彼のどのような心理・信念が、彼をして歴史を修正せしめているのか、その辺りに思いを馳せつつ読むことだ、とボクなどは考えている。それは“人間日蓮”を理解していく大きな手がかりになるはずであり、ひいては今日の彼の末裔たちとコミュニケーションパスを開く鍵にもなるであろうから。

まずは、この枠組みをご理解いただいた上で、気長にお付き合いいただければ幸いである。

つづく>>



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ