2009/7/29 | 投稿者: ghost

ただ歩いているだけで幸せな気分になれると同時に、何と言うか、こういう歴史的な景色を生活圏に残すことが出来なかった日本人としての不甲斐無さに、忸怩たる思いをも抱くワケで御座いますが。

クリックすると元のサイズで表示します
<バッハラッハの昼下がり>

バッハラッハはオーバーヴェーゼルとビンゲンの丁度中間あたりに位置するライン西岸の小さな町ですが、もちろん、決して便利な地勢ではないし、季節によっては大変なこともいろいろあるんだろうな、と承知の上で、それでもやはり、こういう風景を日常として暮らしてる人たちがいることに、ちょっと嫉妬してしまうワケです。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ