2009/9/30 | 投稿者: ghost

普段、伊丹や関空で飛行機を眺めていると、世は双発機全盛で747なんて最早過去のものだよね、な印象を抱いてしまうのだが、成田詣でそれが謬見であることを思い知らされた。

クリックすると元のサイズで表示します
<D-ABVL B747-430 RJAA RWY16R Approaching>

むしろ「何でこんなに飛んでるの?」と思うほど747が飛んでいるのに驚いた。まぁ、大半が-400なのはご愛嬌。イラン航空のクラシックをみたような気がするが、生憎と写真を撮っていない。今思えば惜しいことをしたが、その時点ではもう747に飽きていたっぽい。

クリックすると元のサイズで表示します
<JA8958 B747-481 @ RJAA RWY16R>

こちらは、今ひとつ撮影者への配慮に欠ける第一ターミナルの展望デッキから撮影した中でも、比較的まともに撮れた一枚。ANA塗装の-400を見ると、内田幹樹の小説が読みたくなる。

クリックすると元のサイズで表示します
<VT-EVA B747-437 RJAA RWY34L Taking off>

続きを読む




AutoPage最新お知らせ