2010/11/30 | 投稿者: ghost

クリックすると元のサイズで表示します
<シャトー=ヌフの村はずれに佇むイエス磔刑像>

宗教とは何か(テリー=イーグルトン著/大橋洋一+小林久美子訳,2010年青土社)と、神は妄想である(リチャード=ドーキンス著/垂水雄二訳,2007年早川書房)を併読して物思いに耽る今日この頃。いろいろと益体もないことが頭に浮かんでは消えていくので、数回に分けて備忘しておくことにする。

クリックすると元のサイズで表示します順序から言えば、先に何となく前者を手にとって読み始めたところ、名指して後者を批判していて、かつ、これがなかなかに面白かったので、存在だけ知っていつつもちゃんと読んだことがなかった後者も併せて読むことにした、という流れ。

前者の本論2ページ目にして、

リチャード・ドーキンスとかクリストファー=ヒッチンス(引用註:本書でドーキンスと並んで批判される未邦訳書『神は偉大ならず』の著者)−以後、面倒なのでこのふたりを単一の記号でくくって「ディチキンス」と呼ぶことにする(p.15)

という、掴みのギャグとしか思えない下りがあるのだが、イーグルトンは律儀にも巻末までこの“単一の記号”を使い続け、“ディチキンス”をコキおろしまくる。コレ、機会があれば真似て使ってみたくなる修辞だ。まぁ、それはさておき。

クリックすると元のサイズで表示します対するドーキンス…イーグルトン側からドーキンスを論難しているのだから、この書き方は厳密には正しくないが…のスタンスは明快で、書名が雄弁に物語っている。曰く、

私は神というものを、すべての神を、これまでどこでいつ発案された、あるいはこれから発案されるどんなものであれ、超自然的なものすべてを攻撃しているのである。(p.59)

清々しいまでに明快な宗教全般に対する宣戦布告である。最も、彼が主にターゲットしているのは、当然のことながらいわゆるアブラハムの宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教とそれに連なる有象無象)であり、また、それに応戦するイーグルトンも主としてはキリスト教神学をベースに論陣を張っている。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ