2010/11/24 | 投稿者: ghost

既に昨日の話になるが、飽きもせずに下河原へ出かけ、お弁当を食べていたら見慣れぬ緑のDash8が着陸してきた。

クリックすると元のサイズで表示します
<JA856A DHC-8-Q402>

この11月に納品されたばかりの新造機で、愛称を“エコボン”というらしいのだが、ANAのプレスリリースもどきを読むと、これがエコ(ロジー)+ボンボヤージュ(よい旅を)の意である、という凄まじい解説がなされていて、それはいくらなんでもボンバルディア社に対しても、「じゃぁ、ボンジュール(こんにちは)はどうなのよ?セボン(それはいい、美味しい)はどうなのよ?」等々と言いたげなフランス語話者に対しても礼を失しちゃおらんかね、とか思うのだが、まぁ、それはいい。

ターンアラウンドを待って離陸を撮ろうとしたのだが、ANAの倉庫の前に止まったまま動かなくなってしまって、そのうち予定していた帰りのバスの時刻になってしまって果たせなかった。別にそれにムカついたから愛称をコキおろしているワケではない、念のため。とは言え、ムカついたのはムカついたので、そのムカつきを消化すべく、大急ぎでデッチ上げてストレスを解消させた。

クリックすると元のサイズで表示します
<JA856A DHC-8-Q402 RJOO RWY32R Taking off on FSX>

ベースモデルは、しばしばお世話になっているPREMIER AIRCRAFT DESIGNのモノ。やっつけ仕事なので、細部にいま少しの微調整を要するような気もするが、三日も経てばリペイントしたことも忘れてしまいそうだから怖い。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ