2011/9/29 | 投稿者: ghost@モンティニャック

只今現地時間の28日22時半を少し回ったところ。昨日に引き続き、ドルドーニュはモンティニャックの瀟洒な宿に投宿している。

そもそも今回ドルドーニュを訪れたのは、去年の春のドルドーニュを行程に含んだの旅がお世辞にも天候に恵まれたとは言えなかったこと、さらには、ベナック男爵(とボクらが勝手に呼んでいるオッサン)に「ドルドーニュは秋がいいぞ」と言われたのが直接の理由になっている。で、今日は去年の旅で不満が残ったエリアを重点的に巡ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します
<ドルドーニュ遊覧船に乗ってみた>

美しい村でもあるラ=ロック=ガジャックの船着場から、遊覧船に乗り込んだ。べナックのオッサン、もとい、男爵がおっしゃっていたように、確かに秋の気配のドルドーニュは素晴らしく美しい。っつーか、快晴で死にそうなほど暑い。写真では伝わらないと思うが、紅葉は昼夜の寒暖の差が激しいからで、日中は連日30℃オーバー。うーむ、これで秋のドルドーニュを楽しんだことになるのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します
<船の舳先に懐かしい城が見えて来た>

ちなみにこれはオッサン、もとい、男爵のベナック城ではなく、対岸のカステルノー=ラ=シャペル城の方なのだが…。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ