2012/3/28 | 投稿者: ghost

飽きもせず、無駄な思索に耽っている。

クリックすると元のサイズで表示します後述する理由から、キリスト教プロパーの書いたものは多分参考にならないだろう、という気がしていたので、ちょっと遠回りして『女神−聖と性の人類学』(田中雅一編/1998年,平凡社)を手に取ってみたら、いろいろと収穫があったので備忘しておこうと思う。本書の第7章「聖とセクシャリティの拮抗するキリスト教文化」というのが、ドンぴしゃりではないにせよ、目下のボクの関心に合致したのであった。

収穫…というか、厳密には、多分そうだろうと思っていたことが追認された、という感じになるが、キリスト教の聖とセクシャリティの拮抗は、エバとマリアをめぐる神学的思索の歴史において、あたかもシーソーゲームのように現れてくるという書き出しで始まる本稿では、しばらくエバ(一般には“イヴ”の表記の方が馴染みがあると思うが、ここでは本書に倣う)とマリアとは何ぞや、というおさらいが進むのだが、その末尾は以下のように締めくくられる。

マリアの神格化とエバの悪魔化という神学のメカニズムによるこのシーソーゲームには、「悪魔的なセクシュアリティ」という重量の振り分けが決定的な役割を担っている。しかし、エバとマリアを分断するセクシャリティについては、教会神学の典拠になっている旧約聖書にも新約聖書にも、実はほとんど語られていないという事実が問題なのである。(p.230)

先に「キリスト教ドグマが直接的にセックス嫌いを生んだのではなく」と書いたのは、自身で旧新約聖書を通読した感想に過ぎなかったのだが、少なくともボクだけがそう思っているのではない、ということがわかったのが1つ目の収穫であった。論者の言う「シーソーゲーム」は、まさにボクの「卵が先が鶏か」に対応している。いや、それは論者に対して失礼か。まぁ、いいや。

2つ目の収穫も似たような感じで、こちらはそのものズバリではないのだが、やはり漠然とこうではないかな、と考えていたことを追認するものだった。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ