2012/10/30 | 投稿者: ghost

クリックすると元のサイズで表示します
<E186 173-1@ペルピニャン→ナルボンヌ>

ユーロカーゴレイルの貨物列車。フランスは、いわゆる上下分離(線路の敷設・維持、と列車運行の別会社化)をやっている国なので、SNCFとは由来を別にする貨物運行専門会社があり、ユーロカーゴレイルがそれ。実はドイツ国鉄の“孫”会社である。“孫”とするのは、間に英国籍の会社を1つ挟んでいるからなのだが、特に深い意味はないのだろうけれども、ついつい仏独間の根深い確執を想像したくもなる。

クリックすると元のサイズで表示します
<別ポイントで撮影した同型機側面>

牽引機のE186はボンバルディアのマルチプラットフォーム、いわゆるTRAXXシリーズの一員(TRAXX F140 MS2)で、フランスからベルギーを経てドイツまで直行可能なスペックを有する。タリスPBKの貨物版、といったところか。スイスBLSもRe484として同型機を2008年から採用しているらしいが、生憎と同年のスイス行時は巡り合っていないっぽい。まぁ、そのうちに。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ