2012/12/6 | 投稿者: ghost

飽きずに続くこのシリーズ。


<Аэрофлот А330 x Ил-96>

ワイドボディジェットと言えば、何もエアバスとボーイングだけじゃねーな、と思い立ち、イリューシンを飛ばしてみた。故意に浅く離陸しているのは、ロシア製ジェットのパワーなんてこんなもんだろう、という偏見に基づく。

行ったことがないので知らないが、おそらくロシア領内では自国機に対する管制はロシア語なのではないか、と思うのだが、流石にわからんので英語でやっている。申し訳程度に、別れの挨拶だけはロシア語にしてみたが、実際にこの挨拶を管制移管時に用いるのかどうかも知ったこっちゃない。要は雰囲気が出ればそれでいいのだ。

そんなところでダスヴィダーニヤ。




AutoPage最新お知らせ