2013/5/28 | 投稿者: ghost

連載冒頭に取り上げたCNLと同じ撮影地点にて撮影した、今回の旅程中唯一のDMU。

クリックすると元のサイズで表示します
<ALn668-3150@キュージ>

日本でいうキハ40かキハ58あたりに相当する、イタリア国鉄の標準気動車。外見の異なる三世代があって、こいつは二世代目のやつ。両運転台で、ニーズに合わせて増結、協調運転するコンセプトの車両だが、正面に連結部の両開き扉が剥き出しなのが、なかなか面白いデザインである。

ちなみに、当地周辺はすべて電化区間のはずなので、なんでコイツがここを走ったのか、実はよくわからない。この距離では乗客の有無までは判別できないのだが、時刻表上は存在しなかった筋なので(ゆえに、遠方に視認したときは「CNLにしては早過ぎるし、えらい短いな?」と首を傾げていた)臨時の回送だったのかも知れない。とするとラッキーだったかも。

続きを読む
タグ: 旅行 イタリア




AutoPage最新お知らせ