2013/7/26 | 投稿者: ghost

本稿で紹介するZB(ツェントラル鉄道)のDe110は、スタイルといい来歴といい、なかなかに興味深い荷物電車である。

クリックすると元のサイズで表示します
<De110 003@マイリンゲン>

クリックすると元のサイズで表示します
<De110 005@インターラーケン>

パッと見てわかるのは、前後非対称なことで、パンタグラフと屋根上放熱機の配置然り、特に車体前面の手摺の取り付け方が大きく異なるのでよく目立つ。しかし、本当に面白いのは、本機が元々は6軸機だった、という点にあるかも知れない。6軸機、と言っても、日本の我々がイメージするF級機関車とは若干意味が異なるのであるが。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ