2013/10/26 | 投稿者: ghost

ラウターブルンネン=ミューレン山岳鉄道(BLM)は、その名の通り、ラウターブルンネン(からロープウェイで崖上まで登ったグリューシュアルプ駅)から崖際をミューレンまで結んでいるのだが、山岳鉄道と名乗っているワリには高低差を最初のロープウェイで解消しているため、ラックレールを使わない粘着式の超ローカル線である。

クリックすると元のサイズで表示します
<Be4/4 21@ヴィンターエッグ>

ゆえに、BML唯一の車種である本形式も、形式名にラックレールを示すhがつかない。路線長は僅か4Km強。ぶっちゃけ、こんなものに乗らなくても全線歩けてしまう。むしろ撮り鉄的には沿線を歩きながら、上掲写真のように、ベルナーアルプスを背景に走行写真を撮ることを選択すべきだろう。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ