2013/10/20 | 投稿者: ghost

ヴェンゲンアルプ鉄道(WAB)の目下の最新鋭機材で、かつ、最も色物度が高いのが、このBDhe4/8 141〜144。BDhe4/4のときとは異なり、同じ形式名を名乗るBDhe4/8 131〜134とはまったくの別物である。

クリックすると元のサイズで表示します
<BDhe4/8 141@グルント>

顔だけをパッと見ると、低床式のBt 251〜253に近いので、単にBDhe4/8 131〜134を低床化しただけなんじゃないの、と思いきや、固定編成なのは同じだが、本形式は3両1ユニットである。3両に8軸だから連接車か、と思いきや、これも違って、中間車は前後に台車があるが、先頭車は運転台下のみに台車があって反位側は中間車に寄りかかる構造になっている。

クリックすると元のサイズで表示します
<BDhe4/8 14x 二編成併結@グリンデルヴァルト>

では、中間車に4軸に動力が集中しているのか、と思いきや、これも違って全4台車に動輪が分散されている。しかも中間車が一癖ある。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ