2014/1/28 | 投稿者: ghost

マインツ周辺で見かけたドイツ国鉄(DB)のEMU/DMUについて。

クリックすると元のサイズで表示します
<420 232 & 425 769@マインツ>

向って左、420は、聞くところでは去年全車退役したっぽい。1969年に72年のミュンヘンオリンピックに合わせて投入された(当時としては)画期的な肝入り電車で、Olympiatriebwagen…“オリンピック型”でも訳すか・・・とも渾名される。見た目からはイメージできないが全軸駆動の固定編成、つまり、64年登場の我が国の0系新幹線とコンセプトは(オリンピックに合わせて、というのも含めて)同じなのである。いや、単なる語呂合わせだ、本気にするな。

右の425は4両固定編成の連接車で、編成中央のみ無動力の付随台車、という面白い構成になっている。同じ構造で2両連接の426との互換性を企図してのことだと思うのだが、なら、なんでボンバルディアTalentをこの時点で採用しなかったんだろう?という気がしないでもないのだが、まぁ、そこは無闇に機関車が増えていったドイツのお家芸の為せるところなのかな、とは思う。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ