2014/4/28 | 投稿者: ghost

繰り返し述べてきたことではあるが、個人的にはアメリカの航空会社の機体デザインは全体的にドン臭いと思っているのでだが、もちろん、中には例外的に気に入っているものもあって、その1つが今は昔のノースウェスト航空のそれである。で、作ってみた。


<Northwest B747 x A330>

かえすがえすも、デルタ航空による合併吸収によってノースウェストのかの塗装が失われたのは残念でならない。言っても詮なきことながら、ユナイテッド+コンチネンタルのケースのように、ノースウェストの尾翼のデザインくらいは残してくれても良かったのに、という気がしないでもないのだが、尾翼の三角形のデザインがないと「デルタ」じゃなくなっちゃうもんな。

旧塗装のクラシック747と新塗装のA330が、こうして翼を並べることが実際にあったのか、については、実はよく知らない。また、本作で747が着陸しているデトロイト空港のRWY21Rは、同空港の6本の滑走路中一番短い部類の上にILS非装備なのでワイドボディ機が着陸することは、普通はなかったであろうとは思う。まぁ、そこは見た目の格好良さ優先ということにしておこう。




AutoPage最新お知らせ