2014/6/24 | 投稿者: ghost

只今現地時間の23日19時になったとこ。レチュベルク基底トンネルの北側の開口部があるフルティゲンに投宿している。

クリックすると元のサイズで表示します
<レチュベルク基底トンネルの北側の開口部>

この宿(というか日貸しの別荘なんだけども)は他にもいろいろ盛りだくさんなのだが、それらは後日に譲り、ついさっき撮って来たボク個人にとっては初めて邂逅した珍しい(?)編成の写真を貼っておくことにする。

クリックすると元のサイズで表示します
<Re460 103+EW-IV+IC2000+Re460 059@ライヘンバッハ>

2台のRe460でEW-IV+IC2000の混成編成を挟んだプッシュ・プル列車である。IC2000の基本編成にEW-IVを増結するパターンは過去にも何度か出会っているが、編成両端がRe460、それもパンタグラフを上げて力行しているのを見たのはこれが初めて。しかも最高のロケーションで順光ときたモンだからたまりませんわ、もー。

あ、雷雨の合間に意外に晴れ間もあって、今朝はグリンデルヴァルトで歩いて来たので幸い妻のご機嫌も上々です。このままもってくれればいいけどなぁ天気、っつーか妻の機嫌。
タグ: スイス




AutoPage最新お知らせ