2014/7/3 | 投稿者: ghost

5年ぶりのスイスともなると見慣れぬ新型に出会うもので…と言っても、ETR610の登場は2009年7月であるから、単に前回の訪瑞時に1ヶ月ほど行き違っただけなのだが。

クリックすると元のサイズで表示します
<ETR610 009@ブリーク>

イタリア系振り子電車、いわゆるペンドリーノ第三世代となるフレッチェアルジェントETR600の独瑞対応版である。路線的にはチザルピーノETR470が担っていた、シンプロントンネル経由の瑞伊国際線を継承しているが、2009年末に会社としてのチザルピーノが解散してしまったので、現在はSBB所属を示すICN風のカラーリングとなっている。

続きを読む
タグ: スイス




AutoPage最新お知らせ