2014/7/12 | 投稿者: ghost

ライヘンバッハ、というのは今回長逗留したフルティゲンの1つ北側の駅で、かの名探偵が遭難した滝とは別物であり、正しくはライヘンバッハ=イム=カンデルタール(カンデル谷のライヘンバッハ)である。

クリックすると元のサイズで表示します
<Re460 071+IC2000@ライヘンバッハ>

それはともかくとして、写真を整理してみると今回の旅程中で、このRe460の71号機に繰り返し出会っていたことに気付いた。

クリックすると元のサイズで表示します
<Re460 071+IC2000@ライヘンバッハ>

続きを読む
タグ: スイス




AutoPage最新お知らせ